この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

中島梨紗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中島 梨紗
Nakashima Rina
埼玉アストライア 監督 #50
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗福岡
生年月日 (1986-12-27) 1986年12月27日(32歳)
身長
体重
163 cm
kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中島 梨紗(なかしま りさ、1986年12月27日 - )は、日本女子プロ野球選手。福岡県大牟田市出身。

経歴

プロ入り前

大牟田市立銀水小学校[1]2年生のとき、野球をやっていた兄の影響で、地元のクラブチーム「大牟田イーグルス」に所属する。

大牟田市立橘中学校[1]に進学し、女子野球部は存在しなかったために男子軟式野球部に入部。周りが男子ばかりである紅一点の状態にもかかわらず実力でピッチャーのポジションにつく。

中学を卒業後九州で女子硬式野球部が強いと有名だった鹿児島県神村学園に進学。寮で生活し、野球漬けの毎日を送る。

高校を卒業する前に、進路で悩むこともあったが、当時から野球が盛んだった関東でプレーをしたいと考えるようになり、 桜美林大学に進学。クラブチーム「侍」に所属しながら、大学にある男子準硬式野球部の練習生としても活躍する。

大学卒業後の2010年、世界を見て歩きたいと考えるようになり、オーストラリアへ語学留学。現地の語学学校に通い始める。 その翌年の3月、一時日本に帰国し、クラブチーム「侍」でプレーをしていたが、同年、ワーキングホリデーを利用して、再びオーストラリアへ。現地の飲食店でアルバイトをしたり

少年野球の審判、高校生のソフトボールの授業の臨時コーチを務める。

帰国後は、日本女子野球協会を応援している株式会社マルタカパルスに就職。営業・企画・事務など幅広く業務につく。 2012年に関東に女子プロ野球チームアストライアが誕生することを知り、野球への情熱が再燃し。同年のトライアウトを受験し、見事プロ入りを決める。 ちなみに中島はリーグ初年度を除けば最高齢記録となる、26歳でのプロ入りとなった。

プロ入り後

2013年、中盤戦から抑えに転向。大田秀奈美半田渚の2人を先発の軸にし中島につなぐリレーが確立し、チームの勝利に大きく貢献した。 翌年の2014年、プロ2年目ながらチーム最年長選手となり、兼任コーチに就いた。2015年には現役を引退[2]

引退後

2016年には埼玉アストライアのコーチ[3]やWBSC第7回女子野球ワールドカップコーチ[4]として活躍、2017年には埼玉アストライアの監督に就任[5]、同年12月に退任した[6]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2013 アストライア 29 - 4 0 0 4 7 9 0 .364 331 78.2 75 0 24 - 5 24 0 0 34 28 2.49 1.26
2014 25 - 1 0 0 6 9 1 0 .400 421 96.0 91 1 26 - 19 38 0 0 42 31 2.26 1.22
2015 18 - 1 0 0 2 1 0 0 .667 150 34.2 36 1 15 - 17 7 5 0 19 16 3.24 1.47
JWBL:3年 72 - 6 0 0 12 17 10 0 .414 902 209.1 202 2 65 - 41 69 5 0 95 75 2.51 1.28
  • 「-」は記録なし。
  • 太字はリーグ1位。

年度別打撃成績

















































O
P
S
2013 アストライア 31 22 18 3 6 2 0 0 8 2 1 1 1 0 3 - 0 3 0 .333 .429 .444 .873
2014 30 19 16 1 3 0 0 0 3 1 0 0 2 0 1 - 0 2 1 .188 .235 .188 .423
2015 18 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 0 0 0 ---- ---- ---- ----
JWBL:3年 79 41 34 4 9 2 0 0 11 3 1 1 3 0 4 - 0 5 1 .265 .342 .324 .666
  • 「-」は記録なし。
  • 太字はリーグ1位。


背番号

現役
  • 11 (2013年 - 2015年)
引退後
  • 51 (2016年)[3]
  • 50 (2017年)[5]

脚注

関連項目