中島孤島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 孤島(なかじま ことう、1878年10月27日 - 1946年4月9日)は、日本の小説家評論家翻訳家。本名は茂一。

人物[編集]

長野県北佐久郡三井村(現佐久市)出身。1899年東京専門学校(現早稲田大学)卒。『明星』『新小説』に文学評論を書き、1904年小説「新気運」を発表。1909年後藤宙外らと文芸革新会を組織して反自然主義をとなえ、島村抱月と対立。のち児童もの・歴史ものに移った。

著書[編集]

  • 最近英国小説史 中島茂一 東京専門学校出版部、1901
  • 新気運 中島孤島(茂一) 平民書房 1906.5
  • 山鳩 平民書房 1907
  • 通俗世界全史 新民族勃興史 早稲田大学出版部 1916
  • 文化史上に於ける女性と恋愛 天佑社 1921
  • 鎌倉時代 前篇 早稲田大学出版部 1922 (国民の日本史)
  • 世界歴史読本 第1編 西洋文明の揺籃 ギリシヤ民族の話 実業之日本社 1926
  • 通俗世界全史 第7巻 暗黒時代史 早稲田大学出版部 1927
  • 通俗世界全史 第8巻 封建列国史 早稲田大学出版部 1927
  • こども世界歴史 冨山房 1930-1931

翻訳[編集]

  • 沙翁物語 シェークスピア 冨山房 1903
  • 国民性情論 ペアソン 中島茂一訳 大日本文明協会、1909
  • 現代の堕落 ノルドー 中島茂一訳 大日本文明協会、1914
  • 生の悦び エミール・ゾラ 早稲田大學出版部、1914
  • グリム御伽噺 冨山房 1916.5
  • 希臘英雄譚 キングスリー 世界少年文学名作集 家庭読物刊行会 1919
  • クリスマス・カロル ディッケンス 世界少年文学名作集 家庭読物刊行会 1920
  • 変な家鴨 アンデルゼン 世界童話名作集 精華書院 1921
  • 千一夜物語 大日本雄弁会 1924
  • 弓張月物語 冨山房 1925
  • ホメロスのイリアド 児童図書館叢書 イデア書院 1926
  • 性愛史話 早稲田大学出版部 1931
  • 神話伝説大系 エジプト・アツシリア・バビロン神話伝説集 誠文堂 1933
  • 神話伝説大系 イギリス神話と伝説 趣味の教育普及会 1935
  • 西遊記 冨山房百科文庫 1938
  • 騎士道時代 バルフィンチ 冨山房百科文庫 1939

参考[編集]

外部リンク[編集]