中島大輔 (写真家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中島大輔(なかしま だいすけ Daisuke Nakashima 、1983年7月3日 - )は日本写真家

フレームによって対象を分断する独特の感覚によって、突き放したクールな構成の写真作品を制作している。[1]

牛腸茂雄の夭折により、理解されることなく途絶えたコンポラ写真の系譜を受け継ぐ作家として、安村崇小山泰介武田陽介西澤諭志らと共に美術評論家清水穣ネオ・コンポラと論じられている。

経歴[編集]

展覧会[編集]

個展[編集]

  • 「each other」(Visual Arts Gallery、東京、2008)
  • 「each other」(Visual Arts Gallery、大阪、2009)
  • 「イメージの感触 | taken with iPhone」(伊藤忠青山アートスクエア 東京、2016)

写真集[編集]

  • 「each other」(青幻舎、2008)

脚注[編集]

  1. ^ 清水穣「 「日常」と「無意味」の罠 」美術手帖 vol. 61 NO.919, pp. 88-95(2009年3月号:日本のアーティスト ガイド&マップ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]