中島多圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中島 多圭子(なかじま たかこ、1971年5月22日 - )は日本映像作家映画監督ジャーナリスト、本名、行實 多圭子(ゆきざね たかこ)。福岡県出身。趣味・特技は写真登山

かつてはセント・フォースに所属しフリーアナウンサーとして活動していたこともある。

経歴[編集]

津田塾大学学芸学部数学科入学、2年の時に、週刊朝日「女子大生シリーズ」の表紙モデルになったのをきっかけに英国イースト・アングリア大学へ留学。大学4年の時にフリーアナウンサーとしてデビュー。TBS「サンデーモーニング」のレポーター、テレビ朝日系「やじうまワイド」のキャスターなどを経て1999年カンボジア2000年パレスチナ問題を取材。2001年映画監督となる。初監督作品のドキュメンタリー映画「TAIZO」(2003年)は、第1回バーレーン国際人権映画祭で最優秀監督賞を受賞。

代表作[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]