中島吉謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島吉謙
基本情報
本名 中島 吉謙
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1978-02-17) 1978年2月17日(39歳)
出身地 新潟県新潟市
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 15
KO勝ち 4
敗け 7
引き分け 5
テンプレートを表示

中島 吉謙(なかじま よしかね、1978年2月17日 - )は、日本プロボクサー新潟県新潟市出身。第28代日本スーパーバンタム級王者。角海老宝石ボクシングジム所属。

ボクシングスタイルは足を使うことも出来、インファイトでの戦いも出来るボクサーファイターである。

来歴[編集]

1996年5月15日、ボクシングでプロデビューを果たす[1]。デビュー後は4戦して1勝3敗で黒星が先行し、その後勝ち負けを繰り返したが、2000年8月2日、当時日本バンタム級1位の石川浩久に3-0(100-93、99-92、99-94)の判定勝ちを収めた。

ここから連勝を重ね2003年6月7日には当時7度目の防衛戦だった安定王者渡辺純一から圧倒的不利の予想を覆し3-0の判定勝利で日本スーパーバンタム級王座を獲得すると「勝てたのはまぐれです」と控え目に語り[2]、この後、「謙虚な王者」「雑草王者」等と呼ばれた。

2003年11月15日、WBC世界スーパーバンタム級8位として格上である同5位の金井彰宏を迎えての初防衛戦を行い、中盤までは金井のほぼ一方的なリードで試合が展開したが、8回から持久力の差が現れ、9回に右ストレートでダウンを奪うと最終回2分15秒、左ジャブで劇的な逆転KO勝利を収めた[3]

2004年3月6日、さいたまスーパーアリーナにおけるトリプル世界戦のアンダーカードで、日本1位瀬川設男を迎えて2度目の防衛戦を行った。世界戦では日本人選手が全滅、同じくアンダーで行われた佐竹政一の世界前哨戦も黒星に終わったが、中島は瀬川に対し、左フックのボディでダメージを蓄積させ、3-0(97-95、98-94、99-94)の判定勝利を収めた[4]

2004年6月19日、日本6位玉越強平との3度目の防衛戦では、開始から攻勢をとる玉越が4回に偶然のバッティングで左目上をカットして出血、この回2分17秒、2度目のドクターチェックで試合ストップとなり、負傷引分で王座を守った[5]

2004年10月30日、両国国技館における世界戦のアンダーカードで、WBC4位として同5位西岡利晃日本人世界ランカー同士によるサバイマルマッチを世界挑戦者決定戦として行ったが、7回にダウンを奪われるなどして0-3(93-97、94-97、93-96)の判定負けとなった。打ち合いに苦戦を強いられた試合後の西岡は中島の心身のスタミナについて「ダウン20回分ぐらい打ったのに倒れない」と語り[6]、会場で応援した観客の拍手は西岡以上に中島に送られた[7]

2005年4月16日、日本武道館におけるダブル世界戦のアンダーカードでWBC4位としてWBA4位木村章司を迎えての4度目の防衛戦では一進一退の攻防となったが、4回に右ストレートでダウンを奪われたことが響き、1-2(97-95、95-96、95-96)の判定で王座を失う[8]と共に引退した。

2008年12月8日に監禁・恐喝容疑で逮捕されるも、12月26日に不起訴になり釈放された[9]

ザ・おやじファイト」のレフェリー・ジャッジを務めて現在はSRSボクシングジム坂本博之が会長のもとマネージャーをしている。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BoxRecによる戦績
  2. ^ 金狼渡辺王座すべる/中島が殊勲の3-0判定勝ち ワールドボクシング編集部 2003年6月8日閲覧
  3. ^ 驚異の逆転KO劇 中島最終回で仕留める/日本S・バンタム級タイトル戦、金井手中のベルト逸す ワールドボクシング編集部 2003年11月16日閲覧
  4. ^ 日本勢やられた!/佐竹、判定負け 中島はV2 ワールドボクシング編集部 2004年3月7日閲覧
  5. ^ 日本S・バンタム級戦「中島吉謙 × 玉越強平」 ワールドボクシング編集部 2004年6月20日閲覧
  6. ^ 西岡、長谷川勝つ ボクシングJP 2004年10月31日閲覧
  7. ^ WBAミニマム級タイトルマッチ+日本人世界ランカー対決×3 STAND 2004年11月1日閲覧
    記事のタイトルで示される通り、ダブル世界戦、トリプル世界戦に匹敵するほど豪華なカードを揃えた興行だった。中島の試合自体も、この前後を通じて3度にわたる世界ランカー対決などで注目され、大きなリングでの試合も3度経験した。中島は後にこの試合について自身のブログで回想を語りながら西岡の世界王座奪取を信じて見守った(2008年7月25日)。
  8. ^ 木村が新チャンピオン 日本Sバンタム級戦 共同通信 2005年4月16日閲覧
  9. ^ 公式ブログ 2008年12月28日
    「格闘技裏通信/元日本王者が不起訴処分で釈放」 夕刊フジ 2009年1月7日
    「皆さんに真実を知ってほしい」『ボクシング・マガジン』3月号、ベースボール・マガジン社、2009年2月14日発行 雑誌08033-3、103頁。
    警視庁からは中島本人に対してさえ、不起訴に至る経緯についての情報開示は一切なされなかった。また、容疑確定以前に逮捕が一斉報道されたが、当初、不起訴についての報道はなく、この状況のなか坂本博之2009年1月8日)、榎洋之2008年12月31日)らを含め多数のボクシング関係者やファンから、理解を促し訂正報道を求める切実な情報発信、呼びかけがあった。しかし不起訴報道は上記2件の他には、次のようなものが一部で簡単に伝えられただけであった。
    元日本チャンプ中島ら起訴猶予 スポーツニッポン 2009年1月9日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
渡辺純一
第28代日本スーパーバンタム級王者

2003年6月7日 - 2005年4月16日

次王者
木村章司