中山芳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中山 芳一(なかやま よしかず、1976年1月21日[1] - )は、日本の学者。岡山大学准教授。専門は教育方法学[2]岡山県岡山市出身[1]

人物[編集]

※出典[3][4]

岡山県で生まれ、岡山県で育った生粋の岡山県民。岡山大学教育学部を卒業後、当時岡山県内にたった一人の男性学童保育指導員として活躍をされていた。そんな中、学童保育の研究が将来的な学童保育の充実に必要不可欠であると確信し、一念発起して岡山大学教育学研究科へ進学を決意。現在では、岡山大学全学教育・学生支援機構の准教授として全学生のキャリア教育を担い、課外活動の支援を行っている。さらに、非認知能力やメタ認知といった新しい教育の在り方についての講演会を行っており、研修会や講演会は年間200件にも及び、現役東大生との共著など活躍の幅を広げている。

活動[編集]

  • 岡山大学全学教育・学生支援機構 准教授(現職)
  • 岡山県生涯学習審議会及び岡山県社会教育委員会 会長
  • 京都府教育振興プラン検討会議 委員、岡山県子ども子育て会議 委員
  • (特非)日本放課後児童指導員協会 副理事長、
  • (一社)子ども學びデザイン研究所 所長
  • (一社)教育ソリューション研究協議会 アドバイザー  …など

著書[編集]

単著[編集]

  • 「家庭、学校、職場で生かせる!自分と相手の非認知能力を伸ばすコツ」(2020年、東京書籍)
  • 『学力テストで測れない非認知能力が子どもを伸ばす』(2018年、東京書籍)
  • 『新しい時代の学童保育実践』(2017年、かもがわ出版)
  • 『コミュニケーション実践入門』(2015年、かもがわ出版) 

共著・監修[編集]

  • 『非認知能力を伸ばすおうちモンテッソーリ77のメニュー』監修(2020年、東京書籍)
  • 『大学生のためのキャリアデザイン』(2013年、かもがわ出版)
  • 『学童保育実践力を高める』共著(2009年、かもがわ出版)
  • 『大学生のための教科書』共著(2021年、東京書籍)
  • 『東大メンタル 「ドラゴン桜」に学ぶ やりたくないことでも結果を出す技術』共著(2021年、日経BP)

脚注[編集]

  1. ^ a b コミュニケーション実践入門―コミュニケーション力に磨きをかける” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ 岡山大学 研究者カタログ - 中山 芳一”. soran.cc.okayama-u.ac.jp. 2020年12月24日閲覧。
  3. ^ ENGINE ゲストプロフィール”. 2021年6月13日閲覧。
  4. ^ おやこのくふう 著者一覧”. 2021年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]