中山理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中山 理(なかやま おさむ、1952年9月14日[1] - )は日本の英文学者翻訳家麗澤大学学長[要出典]

三重県生まれ。麗澤大学外国語学部卒業、上智大学大学院英米文学専攻博士後期課程満期退学。2002年「Images of their glorious maker : Iconographic similes in Paradise Lost and emblematic imagery in his shorter poems」(『失楽園』の比喩の研究)で上智大文学博士エディンバラ大学留学。麗澤大学外国語学部講師、助教授、教授、言語教育研究科教授、外国語学部長、学長。日本ミルトン協会会長を務めた[要出典]日本教育再生機構理事[要出典]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 渡部昇一共著 『読書こそが人生をひらく 「少」にして学び、「壮」にして学ぶ』 モラロジー研究所、2010年ISBN 978-4-89639-188-6
  • 『人間力を伸ばす珠玉の言葉 箴は鍼なり』渡部昇一共著 モラロジー研究所 2011
  • 『グローバル時代の幸福と社会的責任 日本のモラル、アメリカのモラル』ケヴィン・ライアン,バーニス・ラーナー, カレン・ボーリン,水野修次郎,堀内一史共編著 水野修次郎, 堀内一史共監訳 麗澤大学出版会 2012
  • 荘子に学ぶ明鏡止水のこころ』渡部昇一共著 モラロジー研究所 2015

翻訳[編集]

監訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.269

関連項目[編集]

外部リンク[編集]