中山勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中山 勉
(なかやま つとむ)
人物情報
生誕 1954年9月
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学農学部卒業
東京大学大学院
農学系研究科
修士課程修了
学問
研究分野 農芸化学
研究機関 国立がんセンター
名古屋大学
静岡県立大学
日本獣医生命科学大学
博士課程
指導学生
加治屋勝子
他の指導学生 石井剛志
主な業績 食品成分生体成分の
分子間相互作用解析
主な受賞歴 BBB Most-Cited Paper Award
2014年
テンプレートを表示

中山 勉(なかやま つとむ、1954年9月 - )は日本農芸化学者(食品機能学)。学位農学博士東京大学1985年)。日本獣医生命科学大学応用生命科学部教授静岡県立大学客員教授

静岡県立大学食品栄養科学部学部長(第6代)などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京大学農学部農芸化学科を卒業し、東京大学大学院農学系研究科にて修士課程を修了する。

研究者として[編集]

国立がんセンター研究所研究員名古屋大学農学部助手ルイジアナ州立大学客員教授を経て、静岡県立大学に移る。食品栄養科学部にて助教授を経て教授となり、大学院生活健康科学研究科教授も兼務した。2007年には食品栄養科学部の学部長に就任した。当初は食品栄養科学部食品科学科に所属していたが、その後、食品生命科学科に変更した。生活健康科学研究科では食品栄養科学専攻に所属していた。2013年に静岡県立大学から日本獣医生命科学大学に移り、応用生命科学部の教授に就任し、食品科学科に所属した[1]。また、古巣である静岡県立大学では、同年4月より客員教授を務めることとなった[2]。そのほか、日本フードファクター学会では理事を務めていた。

研究[編集]

食品機能学を専門分野としている。食品成分の分析や、食品成分による活性酸素由来の酸化の抑制といった研究を行っている。21世紀COEプログラムに採択された「先導的健康長寿学術研究推進拠点」プログラム、および、グローバルCOEプログラムに採択された「健康長寿科学教育研究の戦略的新展開」プログラムでは、食品機能成分の作用するメカニズムについての研究を担当している。茶葉に含まれることで知られるカテキンについての研究が、マスメディアなどに取り上げられることが多い。

共同執筆した論文「Human Serum Albumin as an Antioxidant in the Oxidation of (−)-Epigallocatechin Gallate: Participation of Reversible Covalent Binding for Interaction and Stabilization」は、『Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry』に掲載された[3]。この論文は、2011年から2013年にかけて同誌に掲載された論文の中で最も被引用数が多かったことから、BBB Most-Cited Paper Awardが授与されている[4]

門下生[編集]

略歴[編集]

賞歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「食品科学科」『各教員の業績及び学位 | 日本獣医生命科学大学日本獣医生命科学大学
  2. ^ 「新規客員教授・准教授の紹介」『はばたき』123号、静岡県立大学広報委員会2013年6月1日、15頁。
  3. ^ Takeshi Ishii, et al., "Human Serum Albumin as an Antioxidant in the Oxidation of (−)-Epigallocatechin Gallate: Participation of Reversible Covalent Binding for Interaction and Stabilization", Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.75, No.1, Japan Society for Bioscience, Biotechnorogy, and Agrochemistry, January 23, 2011, pp.100—106.
  4. ^ 「BBB Most-Cited Paper Award」『BBB Most-Cited Paper Award | 公益社団法人 日本農芸化学会日本農芸化学会事務局

外部リンク[編集]

学職
先代:
木苗直秀
静岡県立大学
食品栄養科学部学部長

第6代 : 2007年 - 2011年
次代:
大島寛史