中山典之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中山 典之(なかやま のりゆき、1932年9月3日[1] - 2010年2月16日[1])は、囲碁のプロ棋士長野県上田市出身。日本棋院東京本院所属。1951年長野県上田松尾高等学校卒業[2]1953年鈴木五良八段に入門[1]。1962年入段[1]。1992年六段に昇進[1]

アマチュア出身であり、入段が遅かった。タイトル戦などには縁がなかったが、文才に長け、『実録囲碁講談』『囲碁の世界』など囲碁界に関する多数の著作がある。またライターや編者としての100冊以上の棋書の編纂を行った[3]。若い頃は名記録係といわれ、読売新聞観戦記者である山田覆面子に重用された。アマチュアへの指導に高い評価があり、1982年からほぼ毎年海外に出て囲碁の普及に努めた[1]。これらの功労により、1996年に普及功労賞[4]、2004年に大倉喜七郎賞[5]を受賞した。

珍瓏の名手であり、代表作の1つである「ハート」は世界中の囲碁愛好家に知られている[要出典]

2010年2月16日、脳梗塞により77歳で死去。追贈七段[1]

扇子[編集]

日本棋院は、中山典之による扇子を2種類販売している。

  • 「囲碁いろは歌」(囲碁をテーマにした手習い歌
  • 珍瓏「ハート」

日本棋院の内規では棋士の扇子の作成は3大タイトル(棋聖本因坊名人)の経験者に限られているが、中山については例外的に作成が認められている。

著書[編集]

  • 実録囲碁講談 中山典之 著. 日本経済新聞社,1977.1.(のち、『完本実録囲碁講談』として岩波現代文庫)
  • うわ手粉砕作戦 : 白の辣腕、怖れるに足らず 中山典之 著. 独楽書房,1982.10.
  • 碁狂ものがたり 中山典之 著. 日本棋院, 1982.6.
  • 現代囲碁大系 小林光一 中山典之著 講談社、1984
  • 囲碁の世界 中山典之 著. 岩波書店, 1986.6. 岩波新書
  • 定石はずれ 中山典之 著. 日本棋院, 1989.10. 烏鷺うろブックス
  • 囲碁の魅力 : 悠久四千年 中山典之 著. 三一書房, 1992.6.
  • 碁裡夢中囲碁いろは川柳 : 平成万葉集 中山典之 編著. 三一書房, 1993.6.
  • 囲碁いろは歌 : 前代未聞棋響千秋 中山典之 著. 自費出版 1994.11.
  • シチョウの世界 中山典之 著. 日本棋院, 1998.6. 日本棋院の囲碁読本 ; 2
  • 圍爐端歌百吟 中山典之 著. 芸艸堂, 1999.11.
  • 盤端の奇跡 : 初心者から有段者への特急券 中山典之 著.
  • 囲碁界の母・喜多文子 中山典之 著. 日本棋院, 2000.11.
  • 昭和囲碁風雲録. 上下 中山典之 著. 岩波書店, 2003.6. のち岩波現代文庫

編集[編集]

  • 『定石原典』シリーズ(梶原武雄著 ; 中山典之編集)独楽書房(のち、ユージン伝から再刊)
  • 『梶原流電撃戦法』シリーズ(梶原武雄著・中山典之編集)独楽書房(のち、ユージン伝から再刊)
  • 『小林流必勝置碁』シリーズ(小林光一著・中山典之編集)独楽書房(のち、ユージン伝から再刊)
  • 『宇宙流序盤構想』シリーズ(武宮正樹著・中山典之編集)木本書店
  • 『宇宙流武宮正樹快局選』(武宮正樹 著 ; 中山典之 編集・記述)木本書店
  • 『中京の父子鷹打碁集』(羽根泰正・羽根直樹 著 ; 中山典之 編集・記述)木本書店

など。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 中山典之|棋士” (日本語). 囲碁の日本棋院. 日本棋院. 2022年8月2日閲覧。
  2. ^ 中山典之『囲碁の世界』65頁、著者紹介より。
  3. ^ 『囲碁の世界』著者紹介(1994年4月5日第18刷より)。
  4. ^ 普及功労賞” (日本語). 囲碁の日本棋院. 日本棋院. 2022年8月2日閲覧。
  5. ^ 大倉喜七郎賞” (日本語). 囲碁の日本棋院. 日本棋院. 2022年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]