中山信正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中山 信正(なかやま のぶまさ、永正7年(1510年) - 永禄2年(1559年))は、戦国時代武将浦上氏の家臣。

浦上氏の家臣として沼城を領していた。娘を宇喜多直家に娶らせることによって直家の策謀から逃れようとしたが、浦上氏の征服を図る直家によって謀反の容疑をかけられ、永禄2年(1559年)に直家によって殺された。死後、その所領は直家に奪われた。