中山タマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 タマ(なかやま タマ、1889年(明治22年)6月28日1971年昭和46年)10月5日)は日本の医師。政治家、衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

1889年兵庫県津名郡仮屋町(現淡路市)に生まれる。日本医学校(現日本医科大学)を卒業後、1911年に医師免許を取得し、翌年神戸市で開業する。その後鈴蘭台病院院長になり、戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙に兵庫県から無所属で立候補して当選した。翌年の第23回衆議院議員総選挙では民主党から立候補したが落選した。落選後は大阪大学から医学博士の学位を得て、自民党に入り、兵庫県連顧問になった。1971年死去。

参考文献[編集]