中尾巴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中尾 巴美
Tomomi NAKAO
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-11-27) 1981年11月27日(37歳)
出身地 宮崎県都城市
ラテン文字 Tomomi NAKAO
身長 174cm
体重 61kg
血液型 A型
選手情報
愛称 カイ
ポジション MB / WS
指高 220cm
利き手
スパイク 282cm
ブロック 277cm
テンプレートを表示

中尾 巴美(なかお ともみ、1981年11月27日 - )は、日本の元女子バレーボール選手。宮崎県都城市出身。ニックネームはカイ

来歴[編集]

小学校5年生よりバレーボールを始める。都城西中時代に宮崎県選抜に選ばれる。延岡学園高校を経て、第一幼児教育短大では同期の有田佳織らと共にインカレ準優勝を経験した。

2002年上尾メディックスに入部。主将としてチームを牽引し、2008年、2007-08チャレンジリーグにおいて日本人トップのアタック決定率46.9%を記録した。同年9月、第1回アジアカップ女子大会の全日本代表メンバー[1]に選出された。

2009年7月、現役引退。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
都城西中→延岡学園高等学校第一幼児教育短期大学上尾メディックス(2002-2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チャレンジリーグチーム所属選手としては嶋田美樹(当時三洋電機大阪)以来となる。