中小企業庁 (大韓民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中小企業庁
各種表記
ハングル 중소기업청
漢字 中小企業廳
発音 チュンソギオプチョン
日本語読み: ちゅうしょうきぎょうちょう
英語表記: Small and Medium Business Administration
テンプレートを表示

中小企業庁(ちゅうしょうきぎょうちょう、Small and Medium Business Administration)は、大韓民国における知識経済部傘下の国家行政機関。体系的で效率的な中小企業支援体系を構築して、中小企業の競争力を高める事を目的として、1996年2月9日に開庁した。日本中小企業庁に相当する。

沿革[編集]

  • 1960年7月1日 - 商工部工業局に中小企業課が設置される。
  • 1968年7月24日 - 中小企業課を中小企業局に拡大改編。
  • 1996年2月9日 - 通商産業部傘下の工業振興庁を廃止して、中小企業局を拡大し、中小企業庁が設置される。

役割[編集]

  1. 中小企業育成施策の企画・推進。
  2. 中小企業の構造改善事業計画の企画・施行及び企業間の協力増進。
  3. 中小企業の災害管理及び動向の調査分析。
  4. ベンチャー企業及びベンチャーキャピトルの育成及び支援。
  5. 女性企業、在来の市場活性化支援。
  6. 中小企業関連の金融及び各種資金、産業機能要員等の中小企業の人材支援。
  7. 中小企業製品の需要基盤構築、売り口拡大、海外市場の開拓活動を支援。
  8. 中小企業へのテクニカルサポートに関する計画の企画・施行。
  9. 技術革新開発事業、産学連携共同技術開発、技術移転、取引等の各種技術支援事業の施行。
  10. 中小企業情報化促進の為の各種支援。

組織[編集]

幹部[編集]

  • 庁長
    • 代弁人
  • 次長
    • 企画調整官
    • 監査担当官

下部組織[編集]

  • 運営支援課
  • オンブズマン支援団
  • 中小企業政策局
  • 小商工人政策局
  • 中堅企業政策局
  • 創業ベンチャー局
  • 経営販路局
  • 生産技術局

所属機関[編集]

  • 亀尾電子工業高等学校
  • 釜山機械工業高等学校
  • 全北機械工業高等学校
  • 地方中小企業庁
1級地:ソウル、釜山・蔚山、大邱・慶北、光州・全南、京畿
2級地:仁川、大田・忠南、江原、忠北、全北、慶南

関連項目[編集]

外部リンク[編集]