中央農試前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中央農試前駅
開業時の駅ホーム
開業時の駅ホーム
ちゅうおうのうしまえ
Chuōnōshimae
北長沼 (2.8km)
(2.1km) 栗山
所在地 北海道夕張郡長沼町東五線北17番地
所属事業者 夕張鉄道
所属路線 夕張鉄道線
キロ程 20.9km(野幌起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1969年昭和44年)5月1日
廃止年月日 1974年昭和49年)10月1日
備考 夕張鉄道線の合理化に伴い廃駅
テンプレートを表示

中央農試前駅(ちゅうおうのうしまええき)は、北海道夕張郡長沼町にあった夕張鉄道廃駅)である。夕張鉄道線内ではもっとも新しい駅だった。同線の合理化に伴い1974年に廃止された。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅で無人駅だったが、待合室が設置されていた。ホームは栗山駅に向かって右手(南側)に設置され、待合室は東五線道からホーム栗山側端へ向かう道の突き当りに設けられていた。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

1976年撮影、廃線1年後廃駅2年後の中央農試前駅跡、周囲500m範囲。上から下へ斜めに横切るのが東五線道で、踏切から西側の線路南側に、水色の片流れ屋根を持つ待合室と舗装された連絡道がまだ残されている。ホームは待合室より西側に設置されていたが、既に草が生い茂って跡形も無い。国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

その他[編集]

  • 北海道立中央農業試験場の長沼移転に伴い設置された駅。
  • 開業当日は雨が降る中、テープカットが行われるなど開業記念式典も行われた。
  • 主に同試験場職員の通勤に利用されていた。
  • 開業は華々しかったが、わずか5年で廃止となった。
  • 廃止後、同駅の待合室はしばらくは付近の農家の物置として利用されていた。

隣の駅[編集]

夕張鉄道線
北長沼駅 - 中央農試前駅 - 栗山駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]