信和事業協同組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央無線から転送)
Jump to navigation Jump to search

信和事業協同組合 (しんわじぎょうきょうどうくみあい、: Shinwajigyo cooperative.) は、東京23区武蔵野市三鷹市を営業区域とするタクシー事業者の協同組合である。

概要[編集]

1964年昭和39年)に組織化。「中央無線」の名称は1974年(昭和49年)から使用を開始した。

組合本部は江東区大島に所在。かつては荒川区南千住に所在したが、2012年10月に現在地に移転した。中小23社1,650台が加盟する。東京都内のタクシー協同組合としては、東京無線協同組合チェッカーキャブ無線に次ぐ第3位の規模である[1]

2011年平成23年)6月大和自動車交通と提携。車両仕様・乗車券・無線配車なども含めて同社にグループ化された[1]。公式ウェブサイトは以降も大和自動車交通グループのサイトとして機能する。

形態[編集]

独自営業時代
中央無線塗装
京北自動車交通所属車

朱色を基調[2]とし、側面には青色の帯を巻く。行灯は黄色で横長のタイプ[3]を装着し共通の仕様とした。ただし、1980年(昭和55年)以前には朱色一色でボンネット部のみ白の配色、行灯も白地に加盟会社の社名と社章が紺色で記載された。「ブルーラインタクシー」の愛称を持つ深夜営業専用車もあり、白地に水色と青の帯が入る専用のカラーリングで識別された。

またワゴンタクシーについては共通の仕様はなく、黒塗りのハイグレード車やベーシックグレード車も導入された。

無線配車は、2010年までに3期に分けて富士通ゼネラル製デジタル無線配車システムを当時の加盟全車2,500台に搭載する予定であったが、2011年時点でも非無線車が多く残存する状態であった。本システムは、基地局から順番に各車両を呼び出す「ポーリング方式」および各車両が発信する「任意発呼方式」を併用した独自の方式である。

大口契約先は大日本印刷フジテレビジョン[4]があり、後者については船の科学館付近へ常に車両を待機させ即時配車可能なよう配慮されていた。

大和自動車交通提携後
大和自動車交通提携後塗装
サンベスト東信所属車

2011年(平成23年)12月から順次車両塗色・行灯等を大和仕様へ変更し[1]、2013年3月には全車両が無線車となった[5]

歴史[編集]

  • 1964年:大和倶楽部[6]共同営業委員会として発足。
  • 1974年:無線営業母体として「東京中央自動車協同組合」設立。「中央無線」の愛称で営業開始。
  • 1985年:中央無線タクシー協同組合に改称。本所タクシーが東京無線に移籍のため脱退。目黒自動車交通が加盟。
  • 1986年:多摩川ハイヤー系列の南部自動車(当時は世田谷区二子玉川に所在。後に大田区石川町へ移転)が加盟。
  • 1994年:松崎交通グループ(現:ベイサイドホールディングスグループ)の同進交通が東京無線に移籍のため脱退[7]
  • 1996年:大日本印刷系列のこだま交通が日本交通に、真和タクシーが大和自動車交通に事業譲渡[8]のため脱退。
  • 1998年:山手グループのサンベスト東信が加盟。
  • 1999年:松竹事業飛鳥交通に事業譲渡のため脱退。
  • 2003年:日停モータース(現:飛鳥自動車赤羽営業所)が飛鳥交通に吸収合併のため脱退。内山観光バス(現:東京パッセンジャー)タクシー部(後に内山観光タクシーとして分社化)が加盟。
  • 2004年:北斗システム輸送・大同自動車・ワカイ交通が加盟。
  • 2005年:南部自動車が廃業。ワカイ交通が脱退し非無線営業に戻る[9]
  • 2006年:マルコータクシーが加盟。長崎ラッキー自動車グループの東京ラッキー自動車(現:ラッキータクシー)が国際自動車グループに移籍のため脱退。電子マネーEdyを採用。
  • 2007年:ムサシ交通を除く松竹タクシーグループの松竹交通・コーディアルタクシー・第四松竹タクシーが帝都自動車交通と業務提携のため脱退。6月から月間4回以上のEdy利用者に対して500円のキャッシュバックをする「Edyハッピー優待」を実施[10]
  • 2009年:ムサシ交通・大洋自動車交通が帝都自動車交通と業務提携のため脱退。丸正自動車(足立区竹の塚)が廃業。
  • 2010年:山手交通グループの山手交通と新進タクシーが国際自動車との業務提携により脱退。チェッカーキャブ所属だった帝全交通が昭栄自動車に事業譲渡され同社葛飾営業所として加盟(2013年廃止)。内山観光タクシーが東都自動車グループに売却されたため脱退。
  • 2011年:非無線で独自営業をしていた日幸[11]が加盟。Edyの取り扱いを廃止。
  • 2012年:チェッカーキャブ無線所属だった盈進自動車が加盟[12]。北斗システム輸送が脱退[13]。残りの加盟会社は大和グループ車両に順次変更。
  • 2014年:金龍自動車交通が日本交通に営業譲渡され日交足立[14]に改称し脱退。
  • 2016年:国際電気(足立区梅田)が事業を停止。その後、グループ内の大同自動車・北光自動車交通ならびに新規設立し本グループへ加盟した東京ラッキー自動車[15]へ営業権を分割譲渡。信和事業協同組合と改称し、従来からの大和自動車交通グループ所属のタクシー事業所6社も加盟する[16]
  • 2017年:5月30日、名称を「信和事業協同組合」に変更。
  • 2018年:昭栄自動車、改進タクシー、日日交通が日本交通と業務提携のため脱退[17]

加盟会社及び営業所[編集]

社名 車体表記 所在地
足立タクシー ADACHI TAXI 足立区梅島
栄光交通 EIKO 足立区足立
盈進自動車 EISHIN JIDOSHA 大田区東糀谷
京北自動車交通 KEIHOKU 豊島区池袋
サンベスト東信 SUNBEST 板橋区高島平舟渡
省東自動車 SHOTO 板橋区前野町
正和自動車 SHOWA 足立区千住宮元町
政和自動車 SEIWA 足立区千住宮元町・荒川区南千住
大同自動車 DAIDO 江戸川区春江町
東京ラッキー自動車 TOKYO LUCKY
LUCKY
板橋区大山金井町
東都交通[18] TOTO KOTSU 北区豊島
西新井相互自動車 NISHIARAI SOUGO 足立区梅田
日幸 NIKKO 葛飾区堀切
日の出交通[19] HINODE KOTSU 足立区本木
日吉交通 HIYOSHI KOTSU 葛飾区堀切
不二タクシー FUJI 江東区亀戸
北光自動車交通 HOKKO 板橋区徳丸
丸井自動車 MARUI 足立区千住関屋町
マルコータクシー[20] MARUKO TAXI 足立区鹿浜
マルコー観光タクシー[20] MARUKO KANKO TAXI 足立区入谷
目黒自動車交通 MEGURO KOTSU 目黒区中央町

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c タクシーの再編が加速 『日本経済新聞』 平成23年6月17日東京夕刊
  2. ^ 東京地区で同様に朱色を基調とするタクシーにはチェッカーキャブANZENグループ(現在は国際自動車グループのため存在しない)・京急交通などがあったが、2015年現在ではチェッカーキャブのみとなった。
  3. ^ そのため「芋羊羹」という異名があった。
  4. ^ 大和グループ入りに伴い2012年3月末で契約解除となり、現在その場所は東都自動車グループの待機場となった。
  5. ^ 大和グループ入り後に無線車となった車両は、本体と同じ富士通テン製の配車システムが装着される。
  6. ^ 現在も大和自動車交通から独立したタクシー事業者の経営者親睦会として名称は存続する。
  7. ^ 2006年に同グループからも脱退。ただし同進交通の子会社の開進交通は東京無線への加盟を継続。
  8. ^ 大和交通となった後、2012年に大和タクシーと合併。現在は大和自動車王子として営業。
  9. ^ 2007年に第一交通産業に買収され鹿浜営業所となり2011年廃止。
  10. ^ しかし2008年5月からEdyのホームページには記載されていないため中止したと思われる。
  11. ^ 全て黒塗りクラウンコンフォートで非無線車両。2012年に四社カラーのクラウンを導入。
  12. ^ ただし当分の間はチェッカーキャブカラーの車両で営業し、順次四社カラーに塗り替えた。
  13. ^ 行灯変更と青帯を消し非無線化。このカラーリングは1980年以前のカラーリングと同一である
  14. ^ 日交足立への改称後、2015年11月に同じ日本交通グループの美輝タクシーと合併。現在は日交美輝として営業。
  15. ^ ラッキータクシーおよび長崎ラッキー自動車とは無関係。
  16. ^ 信和事業協同組合 信和事業協同組合まで
  17. ^ 新着情報・プレスリリース
  18. ^ 東都自動車グループとは関係ない。
  19. ^ 旧社名は新田(しんでん)交通。日の出運輸が資本参加した際に「日の出新田交通」に、2012年より現社名。
  20. ^ a b 丸孝運輸倉庫の子会社。同社系列には独自営業するタクシー事業者が他にある。

外部リンク[編集]