中央アメリカ大共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中央アメリカ大共和国
La República de América Central
エルサルバドル
ホンジュラス
ニカラグア
1896年 - 1898年 エルサルバドル
ホンジュラス
ニカラグア
中米大共和国の国旗 中米大共和国の国章
(国旗) (国章)

中米大共和国の位置

公用語 スペイン語
首都 アマパラ
元首等

xxxx年 - xxxx年 不明

変遷

アマパラ条約 1895年6月20日
成立1896年9月15日
憲法制定1898年11月1日
崩壊1898年11月21日

中央アメリカ大共和国(ちゅうおうアメリカだいきょうわこく、スペイン語: La República de América Central, 英語: Greater Republic of Central America)は、1896年から1898年まで続いた、ホンジュラスニカラグアエルサルバドルによる短命の連合である。この世紀の前半に存続した中米連邦を再興する試みであった。

3か国は、1895年6月20日にアマパラ条約を結び、連合の設立に合意した。1896年9月15日、全ての国が条約を批准すると、連合が公式に承認された。1898年11月1日に憲法が施行されると、共和国は、「中央アメリカ合衆国」("United States of Central America")と改名された。首都はホンジュラスのアマパラに置かれた。11月21日にエルサルバドルでトマス・レガラードが政権を掌握すると、連合は解消された。

解消の前、大共和国はアメリカ合衆国との間で国交を樹立した。グアテマラコスタリカもこの連合への加入を考えていたが、最終的には実現しなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]