中埠頭駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中埠頭駅
駅舎(2015年7月)
駅舎(2015年7月)
なかふとう - Naka Futo
(ジーベックホール前 XEBEC HALL Mae)
PL07 南公園 (0.6km)
(0.5km) 北埠頭 PL09
所在地 神戸市中央区港島中町七丁目
駅番号  PL08 
所属事業者 神戸新交通
所属路線 ポートアイランド線(ポートライナー)
キロ程 1.2km(市民広場起点)
三宮から5.0km
駅構造 高架駅
ホーム 島式1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,671人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1981年(昭和56年)2月5日

中埠頭駅
配線図

南公園駅


uKRWg+l uKRWr uSTRf
uSTR uKRW+l uKRWgr
uKRWl uKRWg+r uSTR
uSTR+BSl uSTR+BSr
uSTR+BSl uSTR+BSr
uSTR uSTR
uKRWl uKRWg+r
uSTRf
2 1


北埠頭駅

中埠頭駅(なかふとうえき)は、兵庫県神戸市中央区港島中町七丁目(ポーアイ1期地区)に位置する神戸新交通ポートアイランド線(ポートライナー)のである。駅番号PL08。近隣のジーベックホールにちなみ「ジーベックホール」の副駅名が付く。

「埠」が常用漢字にないため「ふ頭」としている駅がある(→中ふ頭駅)が、当駅ではきちんと「埠頭」と漢字で表記している(隣の北埠頭駅も同様)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ポートアイランド線の単線区間では唯一の島式ホーム1面2線を持つ高架駅である。駅の南側から、中埠頭車両基地への引き込み線が分岐しており、朝晩および朝夕ラッシュ前後にはこの駅を始発・終着とする列車がある。夜間滞泊の運用もある。

駅舎は、2階がコンコース、3階がプラットホーム。改札内にはエレベーターエスカレーター、多目的トイレなどがある。道路を挟んだ駅東側の神戸新交通本社ビル(社員用出口)および東側歩道と、駅西側のファッションタウンまで歩道橋によって結ばれている。この歩道橋の西側階段横にはエレベーターが設置されている。

のりば[編集]

1・2 三宮方面・神戸空港方面(中公園駅のりかえ)

通常は1番線のみ使用する。車両基地へ入庫する当駅どまりの列車、または車両基地から出庫した当駅始発の列車は2番線を使用する。

ダイヤ[編集]

日中時間帯は1時間あたり6本停車する。朝ラッシュ時は約4~7分間隔で発車する。

利用状況[編集]

2013年度の1日あたりの平均乗車人員は1,671人で、神戸新交通の駅では第13位、ポートアイランド線では第8位。

1989年(平成元年)以降の年度別1日平均乗車人員の推移は下記の通りである[1]

年度 1日平均
乗車人員
1989年(平成元年) 1,597
1990年(平成02年) 1,797
1991年(平成03年) 3,082
1992年(平成04年) 3,230
1993年(平成05年) 2,970
1994年(平成06年) 2,904
1995年(平成07年) 2,226
1996年(平成08年) 2,940
1997年(平成09年) 2,578
1998年(平成10年) 2,400
1999年(平成11年) 2,438
2000年(平成12年) 2,232
2001年(平成13年) 2,068
2002年(平成14年) 2,016
2003年(平成15年) 2,019
2004年(平成16年) 2,022
2005年(平成17年) 2,003
2006年(平成18年)
2007年(平成19年) 1,775
2008年(平成20年) 1,727
2009年(平成21年) 1,597
2010年(平成22年) 1,641
2011年(平成23年) 1,740
2012年(平成24年) 1,765
2013年(平成25年) 1,671


駅周辺[編集]

バス路線[編集]

ふれあいセンターバス停(駅北側)

隣の駅[編集]

神戸新交通
ポートアイランド線
普通(北埠頭・三宮方面への一方向のみ運行)
南公園駅 (PL07) → 中埠頭駅 (PL08)北埠頭駅 (PL09)

その他[編集]

  • 1989年公開の映画『べっぴんの町』に、当駅でのロケシーンがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 公式発表はないが、6月上旬より各駅の案内に副駅名がつけられ、当時行っていた副駅名の募集のうち中埠頭駅が削除された。6月下旬より車内放送での案内および公式ホームページでの副駅名記載がされた。

出典[編集]

  1. ^ 神戸市統計書 - 神戸市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]