中国 (令制国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中国(ちゅうごく)とは、律令国の等級区分の一つである。国力(規模)による分類と、畿内からの距離による分類の2種類の分け方が存在した。

概要[編集]

古代日本律令制が布かれた時代に定められた。朝廷中央集権体制を確立することを目的とし、地方行政区画の一環として国力により諸国を四等級に分けた。中国は「大国」・「上国」に次ぐ3番目の位の国で、「中規模の国」の意。なお、中国の下の4番目の位は「下国」であった。

それとは別に、畿内からの距離によって国を分ける方法も存在した。その場合は、畿内からの距離が近い「近国」と、遠い「遠国」の中間に位置する「中距離にある国」を意味する。それは現在の中国地方の語源ともなった。

延喜式による中国の一覧[編集]

国力基準[編集]

延喜式によれば、国力によって中国に分類される国は11ヶ国ある。

距離基準[編集]

畿内からの距離によって中国に分類される国は16ヶ国ある。

関連項目[編集]

国力による分類
畿内からの距離による分類

外部リンク[編集]