中国西南航空4146便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中国西南航空4146便
Grixona Ilyushin Il-18D Sibille-1.jpg
事故機と同型のIl-18D
事故の概要
日付 1988年1月18日
概要 構造的破損による火災および操縦不能
現場 重慶空港の32km南西
乗客数 98人
乗員数 10人
負傷者数
(死者除く)
0人
死者数 108人
生存者数 0人
機種 イリューシン Il-18D
運用者 中国西南航空
機体記号 B-222
出発地 北京首都国際空港
目的地 重慶空港
テンプレートを表示

中国西南航空4146便墜落事故(ちゅうごくせいなんこうくう4146びんついらくじこ、: China Southwest Airlines Flight 4146)とは1988年1月18日に中国西南航空4146便(イリューシン Il-18)が中国・重慶付近に墜落し、乗客乗員108人全員が死亡した事故である。

事故の概要[編集]

4146便は北京北京首都国際空港重慶重慶空港行き国内定期旅客便であり、乗客98人、乗員10人が搭乗していた。当日の4146便はB-222機で運行されていた。4146便が重慶に接近しているとき、4番エンジン(右翼の外側のエンジン)で火災が発生した。この火災によりエンジンのマウントが焼け、エンジンが翼から落下し、操縦不能となった。4146便は電力線と2軒の農家の家屋に接触し、炎上した[1]。この事故で搭乗していた全員が死亡した[2]

エンジン火災はオイル漏れによるものであった。エンジンは停止し、プロペラは激しい振動のためにフェザリングになった。 しかし、4番エンジンに取り付けられていた右スターター/ジェネレーターは、プロペラをフェザリングにするために高圧で油を供給するチューブを焼くほどに過熱した状態になっていた。 パイロットがプロペラをフェザリング状態にしたところ[3]、チューブが破裂し漏れた油が発火した[2]。そのため、4番エンジンはパイロンから落下したが、激しい振動のため左翼1番エンジンもフェザリング状態になり、操縦不能になったため墜落した。

余波と原因[編集]

4146便の墜落からまもなく、中国民用航空局は安全点検を命じ、それにより最低17機の飛行停止につながる機械的問題が見つかった[4]

4146便の墜落は整備不良によるものであるとされた[5]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "108 die as Chinese plane crash-lands" The Age, Melbourne, 20 January 1988, p.7 at google.com/newspapers retrieved 10 August 2012
  2. ^ a b Aircraft accident Ilyushin Il-18D B-222 near Chongqing Airport retrieved 10 August 2012
  3. ^ 「航空事故 増改訂版」210頁
  4. ^ "Safety fear bugs Chinese airline", New Straits Times, Singapore, September 1, 1988, p.13 at google.com/newspapers retrieved 10 August 2012
  5. ^ Gero, David (1996). Aviation Disasters Second Edition. Patrick Stephens Limited. p. 203. 

外部リンク[編集]


座標: 北緯29度33分30秒 東経106度34分00秒 / 北緯29.55833度 東経106.56667度 / 29.55833; 106.56667