中国商用飛機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中国商用飛機有限責任公司
Commercial Aircraft Corporation of China Ltd.
企業形態 公開会社, 国有企業
業種 航空宇宙
設立 上海 (2008年5月11日)
本社 中国, 上海浦東新区
主要人物 賀東風,会長
吳光輝,ゼネラルマネージャー
製品 民間航空機
ウェブサイト http://www.comac.cc/
テンプレートを表示


中国商用飛機有限責任公司(ちゅうごくしょうようひきゆうげんせきにんこうし、中文表記: 中国商用飞机有限责任公司英文表記: Commercial Aircraft Corporation of China, Ltd)は中国上海で設立された民間航空機製造会社である。略称はComac中国商飛

概要[編集]

複数の航空会社の民間航空機生産部門を再編して2008年5月11日中国上海で設立された[1][2]。資本金は19億(2008年5月の時点で27億USドル)で中央政府をはじめ、上海の地方政府やAVIC IAVIC IIが主要な株主として名を連ねる。この政府が所有する企業は最終的にボーイングエアバスへの依存を減らす為に150席以上の大型旅客機の設計と生産を専門にしている[3]。ボーイングが浙江省で建設を進めている初の海外生産拠点は商用飛機とボーイングの合弁会社が出資してる[4][5]。2017年5月にはCOMAC C929の共同開発を進めてきたロシアの国有企業統一航空機製造会社(UAC)と航空機を共同製造する合弁会社を上海で設立[6][7]、UACとしては中国に技術移転[8]を進めるボーイングやエアバスに対抗した動きとされる[6]。同年には戦略提携相手[9]だったカナダボンバルディアと民間航空機部門やCシリーズの買収交渉を進めていると報じられた[10]

最初の販売するジェット機はAVIC Iによって開発されたARJ21である[11]。 これに続きC9192016年に販売される予定である[12]

製品[編集]

機種の命名規則[編集]

C919を始め、全ての機種の販売が開始されComacの民間旅客機の為の命名システムは9X9の様式に従う。

航空機の生産または開発[編集]

製品の一覧と詳細 (日付はComacの情報に基づく)
機体 派生機 詳細 座席数 初飛行 生産終了機種
ARJ21 700,900,F,B 双発, ナローボディー, 短距離 70‑105席 2008年11月28日
COMAC C919 双発, ナローボディー, 中-長距離 150‑190席 2017年5月5日
CRAIC C929 600,700,800 双発, ?, 中-長距離 250‑290席 2025年 (予定)

株主[編集]

株主 投資額 持ち株比率 解説
国務院国有資産監督管理委員会 60億元 31.58% 代表中国国務院出資
上海国盛集団 50億元 26.32% 代表上海市人民政府出資
中国航空工業集団公司 50億元 26.3% 資産と現金で出資
上海宝鋼集団公司 10億元 5.25% 現金で出資
中国アルミニウム 10億元 5.25% 現金で出資
中国中化集団公司 10億元 5.25% 現金で出資

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]