中国共産党の指導者世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中国共産党の指導者世代とは、1949年中華人民共和国中国共産党により建国されて以来の政治指導者の世代である。2012年現在の習近平体制は第5世代にあたる。

第一世代[編集]

1949年から1976年まで毛沢東主席が核心にいた。他に周恩来劉少奇朱徳任弼時陳雲が第一世代の重要な人物たちである。

後に林彪四人組と呼ばれる人物たちが第一世代の人物となっている。

第二世代[編集]

文化大革命終結後、華国鋒主席が毛沢東の後継者となったがすぐに失脚、鄧小平が実権を握った。1976年から1992年までの指導者が第二世代にあたる。

鄧小平を中心に、陳雲胡耀邦葉剣英趙紫陽宋平などが第二世代の人物にあたる。鄧小平は、1978年改革開放を提唱し、以降中国経済は近代化が始まることとなった。

また、1980年代には、八大元老と呼ばれる人物たちが政治で力を持っていた。

第三世代[編集]

1992年から2002年までの指導者が第三世代にあたる。江沢民総書記を中心に、李鵬朱鎔基喬石李瑞環らが第三世代の人物にあたる。

この時期からは江沢民が提唱した「3つの代表」思想が中国で重要な政治思想になっている。またこの時期には、江沢民の地盤である上海市関係者による「上海閥」と呼ばれる派閥が出来ている。

第四世代[編集]

2002年から2012年までの指導者が第四世代にあたる。胡錦濤総書記呉邦国全国人民代表大会常任委員長)、温家宝国務院総理)、賈慶林全国政治協商会議主席)、李長春らが第四世代の人物にあたる。

第四世代の体制は、胡温体制と呼ばれ、科学的発展観を重要な思想とし、和諧社会の実現などを目指している。2008年には北京オリンピック上海万博も開催され、中国の改革開放政策は加速している。

この時期は、江沢民を領袖とする「上海閥」と、胡錦濤がかつて第一書記を務めた中国共産主義青年団(共青団)の出身者(共青団派)との権力闘争が起きている。現在は上海閥の影響力が低下し、共青団派が有力になってきている。

第五世代[編集]

2012年から習近平総書記が核心にいた、2012年からスタートした新体制が第5世代にあたる。習近平総書記李克強総理王岐山国家副主席らが中心人物である。

太子党の習と共青団派の李を中心とした新たな政治体制が、中国をどのような方向へ導くのかが注目されている。

第六世代[編集]

第三世代から第五世代まではエンジニア出身者のテクノクラートが殆どだった[1][2][3] のに対して「経済や法律などの専門家が多い」[4] と評されている。

出典[編集]

関連項目[編集]