中国人民軍海上民兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軍旗

中国人民軍海上民兵(ちゅうごくじんみんぐんかいじょうみんぺい)は、中国の政府出資の海上民兵である[1]南シナ海で活動していると報じられていることから、2014年のクリミア併合時のロシアの「リトル・グリーン・メン」に言及した海軍兵学校のアンドリュー・S・エリクソンの造語である「リトル・ブルー・メン」と呼ばれることもある[2]

武装した漁船団は中国のパワープロジェクション[1]の一環であり、領土を掌握し、南シナ海全体の中国の主張に異議を唱える者を標的にするために配備されている。2016年には230隻の漁船が同じ島に群がった[1]。2020年8月には、日本が管理する尖閣諸島に100隻以上の漁船が嫌がらせを行った[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Thomas, Jason (2020年9月2日). “China’s ‘fishermen’ mercenaries”. The Weekend Australian. https://www.theaustralian.com.au/commentary/chinas-military-funds-and-trains-hundreds-of-fishermen-to-challenge-us/news-story/4f2309bc95c3fa9dffd072c95adc4ccc 
  2. ^ Jakhar, Pratik (2019年4月15日). “Analysis: What's so fishy about China's 'maritime militia'?”. monitoring.bbc.co.uk. BBC Monitoring. 2020年7月25日閲覧。