中原猶介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なかはらなおすけ
中原猶介
Naosuke nakahara.jpg
中原猶介
生誕 (1832-05-08) 1832年5月8日
日本の旗 薩摩国鹿児島近在荒田村
(現:鹿児島県鹿児島市上之園町
死没 (1868-09-22) 1868年9月22日(36歳没)
日本の旗 越後国長岡[1]
墓地 日本の旗 鹿児島県鹿児島市郡元町
(郡元墓地)
職業 蘭学者科学者軍人

中原 猶介(なかはら なおすけ、天保3年4月8日1832年5月8日) – 慶応4年8月7日1868年9月22日))は、薩摩国鹿児島県)出身の蘭学者科学者軍人

来歴・人物[編集]

名は尚勇、号は鉄心斎。文献によっては「猶介」に「ゆうすけ」とルビを振っているものもあるが、他に「尚介」の表記も散見されるため、「なおすけ」の読みが正しいとみられる。

天保3年(1832年)4月8日、現在の鹿児島市上之園町(の一部、地番整理前は上荒田町に属した)生まれ。幼少より蘭学や舎密学(せいみがく)に熱中し、18歳にして藩命により長崎へ出向く機会を得、オランダ人から蘭学を習得した。22歳で島津斉彬に見出され、集成館事業や薩摩藩水軍増兵、軍艦建造、反射炉建設の職にあたり、近代海軍の礎を築いた。また、薩英戦争に備えて日本初の機械水雷を開発したり、斉彬の命により薩摩切子の着色を研究し、紅色薩摩切子の製作に成功するなど、鹿児島県や日本の近代技術の面で大きな功績を残した。

斉彬の死後は江戸に留学、江川英龍安井息軒の門下で学問を取得し、のち塾頭に就任、後進育成に当たった。息軒門下の頃、偶然に薩摩藩の蒸気軍艦が品川へ入港、息軒は猶介の案内にて艦内を一巡した。猶介は、その軍艦は自分が建造に携わったことを、師である息軒に一言も語らなかったのであるが、息軒は後日その事実を知り、太息して猶介の人となりに膝を打ったという。

薩英戦争では長崎にて病気療養中だったが、禁門の変においては軍賦役・大砲隊長に任ぜられ、慶応2年(1866年)の長州再征伐の際は、長崎にて長州藩の軍備品購入の斡旋をした。慶応3年(1867年)、イギリス公使の薩摩藩訪問時には接待役を努め、実弾演習を指揮し披露した。

慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでは、3月に新政府側の海軍参謀に任命されたが病のため一時帰郷。6月に再出征、7月の越後長岡城の戦いに加わるが、河井継之助と対陣するうち、敵弾を右足に受け、それが因となって柏崎病院で37年の生涯を閉じた。

最期を迎えるに際しては、蘭学や科学に熱中し信仰していたにもかかわらず、天命と知るや、一切の医学的治療や投薬を退けたという。

鹿児島県立甲南高等学校南門に「中原猶介翁宅址碑」がある。大正5年(1916年)、鹿児島市内有志によって建立され、碑文は島津長丸男爵によるもので、中原は翌大正6年には正五位を贈られた。当初は現在の甲南高正門付近にあったが、1930年の甲南高の前身・鹿児島二中時代、校舎鉄筋改築の際に移築したもの。

辞世の句[編集]

よしや身は 越路の雪に うづむとも とくる清水に 名をや流さむ

  • 「たとひ身は 越路の雪に 埋むとも 清き流れに 名をや流さん」とする文献もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中原猶介 - 鹿児島市 2012年10月18日閲覧。

関連文献[編集]

  • 『贈正五位中原猶介事蹟稿』 - 中原尚徳・中原尚臣 共著、1929年
  • 『創立五十周年記念誌』 - 鹿児島県立甲南高等学校編、1956年
  • 『鹿児島県教育史 上巻』 - 鹿児島県教育委員会編、1960年