中北浩爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中北 浩爾
人物情報
生誕 三重県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
同大学院法学政治学研究科博士課程 中途退学
配偶者 首藤若菜
学問
研究分野 政治学
研究機関 サントリー・トヨタ研究所
エドウィン・O・ライシャワー日本研究所ほか
学位 博士(法学)1997年・東京大学)
影響を
与えた人物
吉次公介
学会 日本政治学会
日本国際政治学会
同時代史学会
主な受賞歴 "Labor History"誌最優秀論文賞
脚注
テンプレートを表示

中北 浩爾(なかきた こうじ、1968年9月28日 - )は、日本政治学者。専門は日本政治史一橋大学大学院社会学研究科教授。英ラウトレッジ"Labor History"誌最優秀論文賞受賞。

経歴[編集]

三重県生まれ、大分県育ち。東京都立戸山高等学校を経て、1991年東京大学法学部卒業後、1993年同大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、1995年に同博士課程中退。1997年東京大学博士(法学)の学位を取得[1]

1994年日本学術振興会特別研究員1995年東京大学法学部附属近代日本法政史料センター助手1997年同助教授、同年大阪市立大学法学部助教授、2001年立教大学法学部政治学科助教授。ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスサントリートヨタ研究所(STICERD)客員研究員を経て、2004年から立教大学法学部政治学科教授

ハーヴァード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所客員研究員を経て、2009年イギリスラウトレッジ社"Labor History"誌2008年度最優秀論文賞受賞。2011年から一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻人間・社会形成研究分野(政治学)教授[2]

妻は労働経済学を専門とする立教大学教授の首藤若菜(1973-)である(事実婚。2002年に結婚したが籍を抜いている)[3]

なぜか政治学者である山口二郎の仲間のように見なされることがあるが、交流があるだけであり実際の政治的主張は全く異なる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『経済復興と戦後政治――日本社会党 1945-1951年』東京大学出版会、1998年。ISBN 978-4130360906
  • 『1955年体制の成立』東京大学出版会、2002年。ISBN 978-4130362122
  • 『日本労働政治の国際関係史 1945-1964――社会民主主義という選択肢』岩波書店、2008年。ISBN 978-4000242608
  • 『現代日本の政党デモクラシー』岩波新書、2012年。ISBN 978-4004313984
  • 『自民党政治の変容』NHKブックス、2014年。ISBN 978-4140912171
  • 『自民党――「一強」の実像』中公新書、2017年。ISBN 978-4121024282

共編著[編集]

テレビ出演[編集]

  • 日曜討論「衆院選 自公2/3維持 日本政治の行方は」(2014年12月21日、NHK

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]