中加関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国ーカナダ関係

中国

カナダ

中加関係では、主に中華人民共和国カナダの二国間関係について記述する。

歴史[編集]

1906年には常設の上海事務所が開設され、1909年にはアレクサンダー・マクリーンが最初の商務官 (trade commissioner) に任命された[1]。その後、太平洋戦争が始まると、カナダは同じく連合国の一員である中華民国と外交関係を結び、1942年11月に駐華公使を任命した[2]。初代公使はヴィクター・オドラム少将であった[2]。 1970年10月13日、カナダは中華人民共和国と正式な外交関係を結び[3]中華民国との外交関係は解消されることになった[4]。 2005年、チャールズ・バートン(ブロック大学准教授)が報告書を作成し、カナダの中国政策に関するインタビューをメディアを通して行った[5]。カナダ外務省の委任を受けたバートンの報告書では、カナダと中国の二国間の人権対話の評価という題名で、2006年4月、機密扱いでない一般の原稿として公表された[6]。ウィキリークスによってアメリカの外交公電が流出されることにより、この「バートン報告書」は、中国の人権問題に対する西側の政策アプローチと中国の対応に多大な影響を与えた[7][8]。 2018年12月1日、ファーウェイ副会長兼CFO孟晩舟が、アメリカ当局により、アメリカのイランに対する制裁違反の疑いに対する犯行罪で逮捕された件で、ジャスティン・トルドー首相は、連邦政府による逮捕の意図を認識していたが、中国政府はカナダ当局による逮捕に抗議したと述べた[9][10][11]。孟の逮捕は、両国の二国間関係に影響を与えた[12][13][14]

貿易関係[編集]

1961年、ジョン・ディーフェンベーカー首相の政府は、外交関係がなくても、カナダの農民の中国市場を開放するための法律を可決した[15]。カナダと中国の間の貿易における主要品には、化学製品金属産業機械農業機械機械、木材製品、魚製品が含まれている[16]。1998年から2007年の間に、中国からの輸入は約400%増加した[17]。カナダのアジア太平洋財団が実施した調査によると、カナダは中国企業が投資の最も開かれた国の一つであると見なされるため、中国からの貿易と投資を受け入れる態勢が整っているという[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Meehan, John D. (2011). Chasing the Dragon in Shanghai: Canada’s Early Relations with China, 1858-1952. University of British Columbia Press. p. 28-29. ISBN 978-0-7748-2038-7. 
  2. ^ a b CHINA (People's Republic of),Canadian Heads of Posts Abroad from 1880 to 2000”. Department of Foreign Affairs and International Trade, Canada. 2012年12月17日閲覧。 Archived 24 April 2013 at Archive.is
  3. ^ Canada - China Diplomatic Relations”. Department of Foreign Affairs and International Trade, Canada. 2012年12月17日閲覧。
  4. ^ 櫻田大造『カナダ外交政策論の研究--トルドー期を中心に』彩流社、1999年、463-470頁。ISBN 4-88202-549-3
  5. ^ York, Geoffrey, "Rights dialogue in China blasted as futile", chinadigitaltimes.net, June 2006.
  6. ^ Assessment of the Canada-China Bilateral Human Rights Dialogue.
  7. ^ "Human Rights: China's dialogue partners have mixed views on exchanges" Archived January 15, 2011, at the Wayback Machine., aftenposten.no, July 26, 2006.
  8. ^ Clark, Campbell,"China turns chilly on human rights dialogue"Archived 4 February 2013 at Archive.is, Globe and Mail, January 6, 2010.
  9. ^ “Huawei finance chief Meng Wanzhou arrested in Canada”. BBC News. (2018年11月6日). https://www.bbc.com/news/business-46462858 
  10. ^ Reuters (2018年12月9日). “China threatens Canada with 'grave consequences' if Huawei CFO not freed”. The Guardian. https://www.theguardian.com/technology/2018/dec/09/china-threatens-canada-with-grave-consequences-if-huawei-cfo-not-freed 2018年12月10日閲覧. "Chinese backlash intensifies as Meng Wanzhou faces extradition to US over fraud allegations" 
  11. ^ “White House, Trudeau seek to distance themselves from Huawei move”. Reuters. Reuters. (2018年12月6日). https://www.reuters.com/article/us-usa-china-huawei-tech/white-house-trudeau-seek-to-distance-themselves-from-huawei-movancouve-idUSKBN1O604J 
  12. ^ Arrest of Huawei executive tests Canada's already strained ties with China”. Financial Post (2018年12月6日). 2018年12月7日閲覧。
  13. ^ “China-US feud threatens Canada as Huawei executive due in court”. The Guardian. (2018年12月7日). https://www.theguardian.com/technology/2018/dec/07/huawei-meng-wanzhou-arrest-canada-china-response-relations 2018年12月7日閲覧。 
  14. ^ Fife, Robert (2018年12月5日). “Canada arrests Huawei’s global chief financial officer in Vancouver”. The Globe and Mail. https://www.theglobeandmail.com/canada/article-canada-has-arrested-huaweis-global-chief-financial-officer-in/ 2018年12月6日閲覧。 
  15. ^ Diefenbaker Biography 1895 - 1979, collectionscanada.gc.ca, 1994.
  16. ^ China becomes Canada's 2nd-largest trade partner”. Chinadaily.com.cn (2007年12月15日). 2010年2月13日閲覧。
  17. ^ Tiagi, Raaj; Zhou, Lu (February 2009), Canada's Economic Relations with China. Studies in Chinese Economic Policy, The Fraser Institute, オリジナルの2009-03-06時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090306094527/http://www.fraserinstitute.org/Commerce.Web/product_files/CanadaEconomicRelationsChina.pdf 
  18. ^ China Goes Global, 2009 | Asia Pacific Foundation of Canada”. Asiapacific.ca (2009年9月14日). 2010年2月13日閲覧。


関連項目[編集]