中倉啓敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中倉 啓敦
なかくら ひろのぶ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ナカクラ ヒロノブ
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走
大学 青山学院大学社会情報学部・社会情報学科
生年月日 (2000-09-21) 2000年9月21日(22歳)
生誕地 愛知県の旗愛知県名古屋市緑区
身長 174cm
体重 59kg
自己ベスト
1500m 3分50秒37(2018年)
5000m 13分55秒29(2021年)
10000m 28分33秒71(2021年)
ハーフマラソン 1時間02分26秒(2020年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

中倉 啓敦(なかくら ひろのぶ、2000年9月21日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身の陸上競技選手。専門は中距離走長距離走愛知高等学校卒業[1]、現在は青山学院大学社会情報学部・社会情報学科在学中[2]

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

大学時代[編集]

  • 原晋からスカウトを受け、高校卒業後の2019年4月に青山学院大学へ入学し、現在は陸上競技部・男子長距離ブロックへ所属中。
  • 当大学1年生時、同年5月26日に関東インカレの男子1500m決勝に出走し、7位入賞。但し、大学駅伝3大会(出雲・全日本・箱根)は何れも出場しなかった。
  • 当大学2年生時、2020年10月に開催予定だった第32回出雲駅伝は、新型コロナウイルス感染拡大防止により中止。同年11月の第52回全日本大学駅伝も不出場(青学大チーム総合成績は4位)。
  • 2021年1月開催の第97回箱根駅伝へ、自身初の大学駅伝3大会に初出場。当回駅伝・往路の青学大チームは12位と大きく出遅れてしまい、総合優勝が絶望的に。翌日の同年1月3日、復路・アンカー区間の10区に出走。総合3位の東洋大学と激しく競り合ったが、結果自身の成績は区間4位・青学大チームも総合4位に留まった(箱根駅伝・復路の青学大は2年ぶり6度目の優勝)。
  • 当大学3年生時、2021年10月の第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走と、及び同年11月開催の第53回全日本大学駅伝対校選手権大会は共に出場の機会は無かった。
  • 2022年1月開催の第98回箱根駅伝へ、2年連続2回目の復路・アンカー10区に出走。その前日、2年ぶり5度目の箱根駅伝・往路優勝を達成した青学大チームは、復路でも2位以下の大学を更に引き離して完全独走に。10区を担当した中倉は、結果同区間において新記録を樹立、青学大チームは2年振り6回目の総合優勝を成し遂げ、大喜びしながらゴールテープを切った。

戦績[編集]

大学駅伝戦績[編集]

学年(年度) 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生
(2019年度)
第31回
出場無し
第51回
出場無し
第96回
出場無し
2年生
(2020年度)
第32回
(開催中止)
第52回
出場無し
第97回
10区-区間4位
1時間10分17秒
3年生
(2021年度)
第33回
出場無し
第53回
出場無し
第98回
10区-区間賞
1時間07分50秒
区間新記録
4年生
(2022年度)
第34回
出場無し
第54回
出場無し
第99回

自己記録[編集]

  • 1500m - 3分50秒37(2018年8月3日、全国高校総体陸上大会
  • 5000m - 13分55秒29(2020年10月3日、第1回絆記録挑戦会)
  • 10000m - 28分33秒71(2021年11月24日、GMOインターネットグループpresentsMARCH対抗戦)
  • ハーフマラソン - 1時間02分26秒(2020年1月12日、第47回高根沢町元気あっぷハーフマラソン)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]