中井直正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中井 直正
(なかい なおまさ)
生誕 (1954-05-31) 1954年5月31日(65歳)
日本の旗 日本 富山県
研究分野 電波天文学
研究機関 東京大学
国立天文台
筑波大学
出身校 関西学院大学(学部)
名古屋大学(修士課程)
東京大学(博士課程)
博士課程
指導教員
祖父江義明[1]
主な業績 銀河中心での巨大ブラックホールの発見・研究
主な受賞歴 仁科記念賞1996年
日本学士院賞2008年
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

中井 直正(なかい なおまさ、1954年5月31日 - )は、日本の天文学者筑波大学数理物質系物理学域教授。専門は、電波天文学

人物[編集]

富山県東礪波郡城端町(現・富山県南砺市)出身[2]祖父江義明の弟子であり[1]、銀河中心での巨大ブラックホールの発見とその研究により、1996年仁科記念賞[2]、2008年日本学士院賞を受賞[2]

所属学会は日本天文学会国際天文学連合・国際電波科学連合[3]。研究テーマは銀河の構造と進化、ブラックホールの観測的研究。

略歴[編集]

受賞等[編集]

  • 1996年12月:仁科記念賞受賞「銀河中心巨大ブラックホールの発見」[2]
  • 1998年3月:日本天文学会欧文研究報告論文賞[2]
  • 2008年6月:日本学士院賞受賞「水メーザー源のVLBI観測による活動的銀河中心核と巨大質量ブラックホールの研究」[2]
  • 2012年3月:日本天文学会欧文研究報告論文賞[2]

著書[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]