中井正清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかいまさきよ
中井正清
Nakai Masakiyo.jpg
中井正清像
生誕 永禄8年(1565年
死没 元和5年1月21日1619年3月7日
職業伝統大工堂宮大工
雇用者 徳川家康
子供 中井正侶
中井正吉

中井 正清(なかい まさきよ、永禄8年(1565年) - 元和5年1月21日1619年3月7日))は、江戸時代初期の大工頭。大和国出身。中井正吉の子。通称は藤右衛門。

経歴[編集]

初代の京都大工頭であり、官位は従五位下大和畿内近江6カ国の大工等を支配し、1,000石を知行した。関ヶ原の戦いの後、徳川家康に作事方として仕え、二条城建設に活躍した。家康の命による江戸城知恩院駿府城天守江戸の町割り、増上寺名古屋城、二条城、内裏日光東照宮久能山東照宮方広寺など、徳川家関係の重要な建築を担当した。大坂の陣の直前に、家康の密命により、大坂城の絵図を作成したという逸話がある[1]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池上裕子; 小和田哲男; 小林清治 他編 『クロニック 戦国全史』 講談社、1995年、628頁。 
  2. ^ 川上貢『近世上方大工の組・仲間』思文閣、1997年、27頁。