中井信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中井 信彦(なかい のぶひこ、1916年3月14日 - 1990年11月27日)は、日本の歴史学者。専攻は近世経済思想、農業思想。

来歴[編集]

台湾生まれ。1938年慶應義塾大学卒、杉野女子短期大学教授をへて1963年慶大教授、1973年「歴史学的方法の基準」で毎日出版文化賞、1980年同書で慶大文学博士、定年となり愛知大学教授。1989年『色川三中の研究 伝記編』で角川源義賞受賞。

著書[編集]

  • 昔の農業 さ・え・ら書房 1953 (ぼくたちの研究室)
  • むかしの商業 さ・え・ら書房 1956 (ぼくたちの研究室)
  • 二宮尊徳 金子書房 1956 (少年少女新伝記文庫)
  • 日本の農業 田畑と農民の歴史 さ・え・ら書房 1961 (ぼくたちの研究室)
  • 幕藩社会と商品流通 1961 塙選書
  • 大原幽学 吉川弘文館 1963 (人物叢書)
  • 転換期幕藩制の研究 宝暦・天明期の経済政策と商品流通 塙書房 1971
  • 大江戸アイデアマン 平賀源内の一生 さ・え・ら書房 1972 (日本史の目)
  • 歴史学的方法の基準 1973 塙選書
  • 日本の歴史 21 町人 小学館 1975 のち文庫
  • 色川三中の研究 伝記篇 塙書房 1988.9
  • 色川三中の研究 学問と思想篇 塙書房 1993.2

校註[編集]

  • 片葉雑記 色川三中黒船風聞日記 慶友社 1986.7

参考文献[編集]

  • 日本人物大事典