中之島 (鹿児島県)

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中之島
Nakanoshima Kagoshima.jpg
所在地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島郡十島村
所属諸島 吐噶喇列島
座標 北緯29度50分18.7秒 東経129度51分11.6秒 / 北緯29.838528度 東経129.853222度 / 29.838528; 129.853222座標: 北緯29度50分18.7秒 東経129度51分11.6秒 / 北緯29.838528度 東経129.853222度 / 29.838528; 129.853222
面積 34.47 km²
海岸線長 30 km
最高標高 979 m
最高峰 御岳
中之島の位置(鹿児島県内)
中之島
中之島
中之島 (鹿児島県)
中之島の位置(日本内)
中之島
中之島
中之島 (日本)
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
中之島 (鹿児島県)の位置(100x100内)
中之島 (鹿児島県)
中之島 (鹿児島県)の位置

中之島(なかのしま)は、吐噶喇(トカラ)列島に所属する島である。面積は34.47km2。周囲30km、最高点は御岳(吐噶喇富士)の979m。人口は159人、世帯数は90世帯(2018年3月31日現在)[1]

島名は七島の中ほどにある島であるということに由来している[2]

地名(行政区画)としての「中之島」は鹿児島県鹿児島郡十島村大字となっており、島の全域がそれに該当する。

概要

中之島の空中写真。
2009年11月26日撮影の37枚を合成作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

十島村で最も人口が多く、1956年までは村役場の所在地であった。村役場が村外の鹿児島市に移転した後も2008年までは支所が置かれ、駐在所や民俗資料館・天文台などの施設が集まる実質的な村の中心地である。

島では2つの山(御岳と先割岳)が接合しているが、有史以降の噴火が確認されているのは御岳である[3]

御岳は安山岩の成層火山で、山頂火口内や南東側山腹に噴気孔がある[3]。御岳は1914年(大正3年)に水蒸気噴火とみられる噴火があり、山頂噴気孔底から泥土噴出があった[3][4]。1949年(昭和24年)と1973年(昭和48年)には多量の噴煙を上げている[3][4]。2022年7月、火山噴火予知連絡会は中之島の御岳について常時観測火山に追加するよう気象庁に提言した[4]

小島・岩礁

浜辺・海礁上の小岩、無名の岩を除く。

  • 小山平瀬 - セリ崎の西方沖と南西沖。

歴史

縄文時代

中之島東部にあるタチバナ遺跡からは縄文後期の竪穴住居跡群として、竪穴住居跡30軒、土壙14基、炉跡14基が見つかっている。

奈良時代

日本書紀』に吐火羅(白雉5年)、覩貨邏(斉明天皇3年)の文字が見える。

平安末期~鎌倉時代

十島は南薩摩で権勢を誇った薩摩平氏河邊氏一族の勢力下に入ったと見られ、差配地として薩南島(河邊十二島)が挙げられ、「口五島」と「奥七島」に分けられ、奥七島が吐噶喇列島に比定される。

江戸時代以降

中之島という地名は江戸期より見え、薩摩国川辺郡のうちであった。薩摩藩直轄地で郷には属さず、薩摩藩の船奉行の支配下に置かれていた。

口之島宝島と同様に津口番所、異国船番所、異国船遠見番所が併置されており、鹿児島城下より派遣された在番と横目が常駐していた。中之島の在番は中之島の他に諏訪之瀬島悪石島を管轄しており、在番の指示を受けた郡司が島政に当たったとされる。「薩藩政要録」及び「要用集」によると、所惣高82石余とある[5]

1896年(明治29年)に川辺郡から大島郡に移管された[5]

島嶼町村制施行以後

1908年(明治41年)に島嶼町村制が施行され、吐噶喇列島及び現在の三島村の区域より十島村(じっとうそん)が成立し、中之島は十島村の大字「中之島」となった。

第二次世界大戦終了後の1946年(昭和21年)に口之島以南の吐噶喇列島はアメリカ合衆国臨時北部南西諸島政庁の施政下となった。1952年(昭和27年)に吐噶喇列島本土復帰するのに伴い、十島(としま)村が発足し、十島村の大字となった[5]

1976年9月12日台風17号による暴風雨のため民家10戸が全壊、93戸が半壊[6]

2020年11月、中之島産のグアバなどからミカンコミバエの幼虫が見つかり、農林水産省は生産者らに柑橘類の島外移動自粛を要請した。このため出荷間近だったスイートスプリングポンカンなどは、廃棄処分を余儀なくされた[7]

地域

公衆浴場

温泉公衆浴場[8]が数か所存在する。西海岸沿いに設けられた東区温泉、西区温泉は、ともに乳白色のミョウバン・硫黄・塩分を含んだ天然温泉である。泉質:硫黄泉、効能:神経痛・筋肉痛・痔疾・冷え性という。

交通

島内を周回する道路は多数存在するものの未舗装の箇所が多い。島内は琉球寒山竹の生育が著しく、これらの未舗装の道の中には通行不可能になったものも少なくない。

十島村の他の島と比べると大きな島だがバス・タクシーは存在しない為、民宿にて車をレンタルするかフェリーで持ち込まないと島内での活動が制限される。

施設

店舗

島内には下記の1店舗しか存在しない。

  • 永田商店
    最低限の日用品と焼酎・ビール・アイスクリーム・タバコを取り扱っている。

なお、十島村の各島にはいずれも飲食店はない[10]

通信

十島村では携帯電話はNTTドコモとSoftBankモバイルが使用できるが電波が届かない場所もある(auについても整備予定である)[10]。十島村開発総合センターに公衆電話がある。

名所

  • 御岳
    御岳は1914年に噴火した活火山で、テレビ中継局の中之島中継局や携帯電話等の種々の電波塔が設置されている。かつては硫黄の採掘も行なわれていた。今でも頂上の火口や東側山腹等から噴気が盛んである。山中では野生化したトカラヤギの群れが見られる。
  • 中之島天文台
    九州最大級のカセグレン式60cm反射式望遠鏡を有する天文台。一度に多人数の観望を可能にするモニター装置も備える。利用は予約制。
  • トカラ馬牧場
    県指定天然記念物のトカラ馬が約20頭飼育されている。
  • 七ツ山海岸
    島の東に位置する海岸。七ツ山キャンプ場とも呼ばれ、シャワーなどの設備があるが、島民が住む集落から離れていることなどからあまり利用されていない。

ギャラリー

交通

鹿児島港から村営船「フェリーとしま2」で約7時間。

場外離着陸場の中之島ヘリポートがある。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 十島村の概要 > 人口および世帯数(2018年3月31日 現在)” (日本語). 十島村. 2019年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月12日閲覧。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.476
  3. ^ a b c d 96.中之島”. 気象庁. 気象庁 (2022年7月7日). 2022年7月8日閲覧。
  4. ^ a b c 十島村・中之島の御岳、常時観測火山に追加を 噴火予知連絡会が気象庁に提言「比較的活発に活動」鹿児島県内6カ所目の指定へ”. 南日本新聞. 南日本新聞 (2022年7月7日). 2022年7月8日閲覧。
  5. ^ a b c 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.475 - 476
  6. ^ 日航機SOS傍受 諏訪之瀬島 山津波で死傷多数『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月13日朝刊、13版、23面
  7. ^ 果実襲うハエ、鹿児島で大量発生 廃棄の農家「大打撃」”. 朝日新聞DIGITAL (2020年12月6日). 2020年12月4日閲覧。
  8. ^ 島民優先で観光客等には時間制限がある。
  9. ^ 『交番,駐在所等の名称,位置及び所管区に関する規則』 - 鹿児島県公安委員会規則第3号
  10. ^ a b 十島村に関するQ&A”. 十島村. 十島村 (2022年7月7日). 2022年7月8日閲覧。

関連項目

外部リンク