中の山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中の山古墳
Gyoda Nakanoyama Tumulus 1.JPG
中の山古墳(2011年7月)
所属 埼玉古墳群
所在地 埼玉県行田市渡柳
位置 北緯36度7分19.9秒
東経139度28分41.7秒
形状 前方後円墳
規模 全長79m、高さ5.4m
出土品 須恵質埴輪壷
築造時期 6世紀末
史跡 昭和13年(1938年)国指定
テンプレートを表示

中の山古墳(なかのやまこふん)は、埼玉県行田市埼玉古墳群中にある前方後円墳である。

概要[編集]

  • 墳丘長79メートル[1]
  • 後円部径42メートル・高さ5.1メートル
  • 前方部幅44メートル・高さ5.4メートル

二重の周濠を持っている。調査範囲が狭いため、現在のところ周濠の形状は確定できない。渡柳地区にある三基の古墳の中央に位置するのでこの名があり、かつて石棺の如きものが発見されたと伝えられることから別名、唐櫃山(かろうとやま)古墳と呼ばれている[2]1981年1987年1990年2010年発掘調査を実施。

跡から通常の円筒埴輪ではなく、須恵器で焼かれた灰色の須恵質埴輪壷)が出土している。これと似たような土器は韓国(全羅南道羅州市伏岩里2号墳など)と北九州(大分県日田市朝日天神山古墳群など)のいくつかの古墳で確認されている[3]が、関東地方では他に例が無い。なおエックス線解析した結果、約30キロ離れた寄居町末野遺跡第3号窯で焼いたものであることが判明している。

6世紀末から7世紀初めの築造。埼玉古墳群に所属する前方後円墳の中では、最後に築造されたと考えられている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 埼玉古墳群 - 行田市(行田市教育委員会)
  2. ^ 「ガイドブックさきたま」29頁 埼玉県立さきたま史跡の博物館発行 2010年11月
  3. ^ 太田博之「埼玉中の山古墳の有孔平底壺系円筒土器」『考古学雑誌』第90巻第2号 2006年2月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]