並木頼寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

並木 頼寿(なみき よりひさ、1948年4月27日 - 2009年8月4日)は、日本の歴史学者東京大学教授。専門は中国史新潟県南魚沼市(旧大和町)出身[1]新潟県立六日町高等学校[1]。2009年8月4日、胃がんにより東京都内の病院にて死去[1]

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 日本人のアジア認識(山川出版社〈世界史リブレット〉、2008年)
  • 捻軍華北社会――近代中国における民衆反乱(研文出版、2010年)
  • 東アジアに「近代」を問う―並木頼寿著作選I(研文出版〈研文選書〉、2010年)
  • 近現代の日中関係を問う―並木頼寿著作選II(研文出版〈研文選書〉、2012年)

共著[編集]

共編著[編集]

  • 近代中国研究案内(岩波書店、1993年) - 小島晋治と共編著
  • 20世紀の中国研究――その遺産をどう生かすか(研文出版、2001年) - 小島晋治・大里浩秋と共編著
  • 大人のための近現代史――19世紀編(東京大学出版会、2009年) - 三谷博月脚達彦と共編著

訳書[編集]

その他[編集]

  • 新編原典中国近代思想史1 ―開国と社会変容(岩波書店、2010年) - 全7巻、編集委員
  • 近代中国・教科書と日本(研文出版、2010年) - 編著

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2009年8月7日付新潟日報 29面。