両子寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
両子寺
両子寺
所在地 大分県国東市安岐町両子1548
位置 北緯33度34分26.35秒
東経131度36分11.73秒
座標: 北緯33度34分26.35秒 東経131度36分11.73秒
山号 足曳山
宗旨 天台宗
本尊 阿弥陀如来
札所等 九州西国33箇所6番
国東六郷満山霊場13番
文化財 足曳山両子寺(大分県指定史跡)ほか
地図
両子寺の位置(大分県内)
両子寺
法人番号 9320005004765
テンプレートを表示

両子寺(ふたごじ)は、大分県国東市安岐町両子の両子山中腹にある天台宗寺院。山号を足曳山と称する。本尊は阿弥陀如来(大講堂)。九州西国三十三箇所第六番・国東六郷満山霊場第十三番。

概要[編集]

養老2年(718年)に仁聞菩薩によって開創されたと伝えられる六郷満山の中山本寺で、修行の中心地として栄えた。江戸時代には杵築藩の最高祈願所となり、六郷満山の総持院として満山を統括する立場にあった。

山門に続く石段の両脇には、江戸後期の作とされる国東半島最大級(総高245cm、像高230cm)の石造の金剛力士(仁王)像が立っている。境内は瀬戸内海国立公園内に位置し、その森は森林浴の森100選にも選定されている。紅葉の名所、子授けの寺としても有名である。

曲亭馬琴読本に、この寺に題を採った『両子寺畧縁起 豊後州国埼郡』がある。

1966年3月22日に大分県の史跡に指定されている。

護摩堂
大講堂
奥の院本殿

文化財[編集]

大分県指定文化財[編集]

  • 足曳山両子寺(史跡)[1]
  • 木造阿弥陀如来坐像(有形文化財)
  • 石造国東塔(有形民俗文化財)
  • 木造鈴鬼面(有形民俗文化財)

交通[編集]

  • 電車・バス:
JR九州日豊本線杵築駅下車後、
大分交通国東・安岐行きバスで安岐停留所下車(約20分)
大分交通両子寺行きバスに乗り換え終点下車(約40分)
  • 自動車:
大分空港道路安岐インターチェンジから約30分

脚注[編集]

  1. ^ 「両子地区の文化財」(国東市サイト)(以下の物件についても出典同じ)

外部リンク[編集]