丙寅教獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
逮捕され、尋問されるベルヌー司祭

丙寅教獄(へいいんきょうごく)とは、1866年3月に朝鮮で起こったキリスト教弾圧事件。天主教大弾圧、丙寅邪獄、丙寅教難ともいう。

背景と経過[編集]

元々興宣大院君はキリスト教に友好的だった(妻がキリスト教徒だったと言う)。ロシア南下政策によってロシアが通商を要求すると、キリスト教徒たちは興宣大院君に三国同盟(朝鮮、フランスイギリス)を申し入れた。しかし時間の遅滞によって計画は失敗し、興宣大院君はキリスト教徒を擁護しているという非難を受けた。非難を終息するために起こしたのが丙寅教獄である。

パリ外国宣教会から派遣され、朝鮮に潜入して布教に当たっていたシメオン=フランソワ・ベルヌー司教 (Siméon-François Berneux) ほか9名のフランス宣教師、高宗乳母(朴マルタ)を含んで、8,000名におよぶ信者を虐殺した[1]。この大虐殺を直接指揮し捕盗大将李景夏は武勲で名を上げた。

フランスはこの事件へ抗議して、極東艦隊のほぼ全戦力となる軍艦7隻・兵力約1300名を派遣し、殺害に対する賠償、責任者の処罰、通商条約の締結などを要求して江華府占領した。大院君はこれらの要求を拒否し、撃退した。

主な殉教者[編集]

  • Bishop Siméon-François Berneux (1866年3月8日)
  • Bishop Antoine Daveluy (同上) 
  • Just de Bretenières (同上)
  • Louis Beaulieu (同上)
  • Pierre Henri Dorié (1866年3月30日)
  • Pierre Aumaître (同上)
  • Luc Martin Huin (同上)

殉教者の慰霊[編集]

現在、虐殺されたカトリック教徒達の為にソウル市麻浦区合井洞にある龍頭峰が切頭山聖地として整備され、追悼施設が作られている。1966年、丙寅迫害100周年を記念して切頭山殉教博物館と切頭山巡礼聖堂と共に記念館が着工され、翌年に完成。1972年には殉教者記念公園が造成された。後の1984年にはローマ教皇ヨハネ・パウロ2世1985年マザー・テレサが訪れている。

その他のキリスト教弾圧[編集]

朝鮮王朝1392年 - 1910年)は19世紀、キリスト教を禁じたが、宣教師は潜入、信者は絶えなかったので、何度か弾圧を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 【설왕설래】 병인양요 世界日報 2008年9月9日

関連項目[編集]