世間妾形気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世間妾形気』(せけんてかけかたぎ)は、上田秋成によって江戸時代後期に著わされた読本(よみほん)作品。

概要[編集]

4巻から成る。『諸道聴耳世間猿』に次ぐ2作目。1767年明和4年)刊。八文字屋本以来の気質物(かたぎもの)の形式をうけたもので12話より成る。全体をの身の上噺で展開しているが、全話が秋成の創作というわけではなく、江戸以前の伝承・説話をアレンジしたものも含まれる[1]。10話のものと12話の諸本がある[2]

収録噺[編集]

  • 酔のまぎれ(人ごゝろ 汲みて知られぬ 朧夜の酒宴) - 公家の妾が従者と駆け落ちするが、屋敷から持ち逃げした金銀は実は石ころだった。仕方なく逢坂の関で茶屋を始める。
  • 得心の男妾(めでたいな 福力三人 おとこ妾[3]) - 女装の美青年が武家奥方の女装妾になる。美貌に加え、知恵と学識もある才色兼備を発揮し、女主人の旦那を出世させ三人とも富貴になり名声を得る。
  • 浦島の裔(織姫の 置の玉手箱 喰明た) - 子供が欲しい漁師が捨て子を拾うが、成人したのち年を取らず妾として旦那遍歴を繰り返す。
  • 猫要らずの婆(鼠をはらひ給へ 守り神) - 老いた妾が化け猫に憑依され、鼠を追いかけるようになってしまう。
  • 雛の酒 ところは山路の肝いり - 妾を斡旋する女将が配下の女を集め、酒宴で旦那たちの品定めをする。
  • 敷金の 二百両は 明いた口へ - 江戸伝馬町の商人が妾と密通した幇間を結婚させたが、実は両人まとめての厄介払いだった。
  • 若後家の寺参りは 仕立物屋が宿替え - 仕立屋の妻が未亡人の触れ込みで、堕落坊主に別宅を借りさせる。後で難癖をつけ追い出し、古着屋を始める。
  • 武家部屋めぐり(ものゝふの 猛きこゝろも つまるところは金) - 石部金吉と呼ばれる堅物の武士が、二股三股の旦那を掛け持つ妾に手玉にとられる。
  • 息子の心はてりふり 知れぬ狐の嫁入り - 妾との結婚を老母に反対された倅が、妾を化け狐に扮装させ母を騙す。 
  • 米市は 日本一の大湊(二度の勤め なき世の蜆川) - 米相場で二度も失敗して、破産した大坂の大百姓に先立たれた妾が、追善供養のため四十九日にわたり「観音経」を書写する。
  • 小町零落(一人娘の 奢りの末は 枯れた黄金竹[4]) - 大名の奥方を望む娘が、結局嫁ぎおくれてしまい妾になる。
  • 貧苦に身をしぼる 油扇の絵(桃山のさかりを 見る事なく大路の 往来にのみ春を知り) - 役も貰えず扇の絵つけの内職に勤しむ、眼鏡をかけた侍に訪れた悲喜劇。

書誌情報[編集]

『世間妾形気』(和泉書院影印叢刊70、1989年)

脚注[編集]

  1. ^ 上智大学・木越治著『秋成論』ぺりかん社 1995年5月 pp.477
  2. ^ 「上田秋成の文学 (放送大学教材)」長島 弘明(2016年)第4章「気質物からの逸脱 -『世間妾形気』-」
  3. ^ 「妾」の読みは「めか」(落語「妾馬(めかうま)」と同じ)
  4. ^ 「黄金」の読みは「こがね」

関連項目[編集]

参考文献[編集]