世界麻雀選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界麻雀選手権
世界麻将锦标赛(中国語)
World Mahjong Championship(英語)
開始年 2007
主催 世界麻雀組織
参加チーム数 35
加盟国 12
前回優勝 個人:李立
団体:中国山西介休隊
サイト 第2回世界麻雀選手権オランダ大会公式サイト(英語)
備考 中国麻雀ルール(世界麻雀組織公式ルール)を採用
テンプレートを表示

世界麻雀選手権(せかいマージャンせんしゅけん、英語: World Mahjong Championship)は、世界麻雀組織(WMO)が主管轄で行う麻雀の世界大会である。大会の準備自体は開催国の団体が行う。通称、WMC。中国語では世界麻将锦标赛と表記する。

歴史[編集]

麻雀はその発明以来、世界各地に普及していったが、ルール自体は普及した場所で手を加えられて発達したため、長い間、統一したルールが存在しなかった。しかし、1998年1月に中国で麻雀が255番目のスポーツとして認定され、9月に中国国家体育総局が制定する国際標準ルールが作られると、2002年10月23日に日本でそのルールを用いた「2002世界麻雀選手権大会」が開催された。個人部門では日本の初音舞が優勝し[1]、団体部門でも日本の麻雀棋士奨励会選抜Bチームが優勝した[2]。ただし、この大会は第1回として数えられていない。そして2005年10月に世界麻雀組織が設立されると、2007年11月1日から5日間にかけて「第1回世界麻雀選手権大会」が中国の四川省成都で開催された。この大会では、個人部門で中国人大学生の李立が優勝し、団体部門でも同じく中国の中国山西介休隊が優勝した[3]

この第1回世界選手権が開催される前に、同年6月15日にマカオでWorld Mahjong ltd.(WML)という営利企業による2007世界麻雀大会(WSOM)が開催されている。この大会は総額100万ドルの賞金を設定し、優勝者には50万ドルが支払われた。ただし、この大会は単なる私企業による大会であるためWMOとは一切かかわりがなく、この記事で書かれている世界麻雀選手権とは何の繋がりもない。

2010年8月27日には、オランダユトレヒトで第2回大会が開催される予定である[4]

優勝者[編集]

個人部門[編集]

番号 優勝 2位 3位
2002 日本の旗 初音舞 アメリカ合衆国の旗 ジョン・オコーナー 日本の旗 池谷雄一
1 中華人民共和国の旗 李立(リー・リー) 中華人民共和国の旗 張章飛(チャン・チャンフェイ) 日本の旗 今枝実
2 中華人民共和国の旗 焦霊花 フランスの旗 Olivier Boivin オーストリアの旗 Elisabeth Frischenschlager

団体部門[編集]

番号 優勝 2位 3位
2002 日本の旗 麻雀棋士奨励会選抜Bチーム 中華人民共和国の旗 広州 日本の旗 日本健康麻将協会選抜
1 中華人民共和国の旗 中国山西介休隊 中華人民共和国の旗 中国上海張江隊 日本の旗 日本麻将体育協会大阪隊
2 中華人民共和国の旗 中国 フランスの旗 フランス デンマークの旗 デンマーク

会場[編集]

期間 大会名 場所 会場
2002年10月23日 2002世界麻雀選手権 日本の旗 日本 東京都千代田区飯田橋 ホテルグランドパレス
2007年11月1日-6日 第1回世界麻雀選手権 中華人民共和国の旗 中国 四川省成都 紅珠山賓館
2010年8月27日-29日 第2回世界麻雀選手権 オランダの旗 オランダ ユトレヒト Nationaal Denksport Centrum 'Den Hommel'
2012年10月27日-29日 第3回世界麻雀選手権 中華人民共和国の旗 中国 四川省重慶

出典[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]