世界難民の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界難民の日(せかいなんみんのひ、World Refugee Day)は、国際デーの一つ。2001年より毎年6月20日

概要[編集]

2000年12月4日国際連合総会の決議により制定された。

元は、アフリカ統一機構の『アフリカ難民条約』の発効の日であった。アフリカ地域およびアフリカ以外の地域での難民問題の深刻さに注目し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)らの申し出により、『世界難民の日』が制定されることとなった。

世界各地で毎年イベントが実施されている。UNHCRは第1回の2001年には「難民の子供たち」をテーマとして掲げた[1]

日本でのキャンペーン[編集]

国際連合難民高等弁務官事務所の駐日事務所、国連UNHCR協会、特定非営利活動法人 なんみんフォーラム FRJなどが毎年キャンペーンを実施している。

2011年6月20日、この日に合わせて、東京タワーが、国連のカラーの青色にライトアップされた[2]

2016年[編集]

2016年6月20日は次のキャンペーン・イベントが実施された[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]