世界貿易センタービル (東京)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界貿易センタービル
(初代本館・別館)
World-Trade-Center-Building-Tokyo-01.jpg
施設情報
所在地 東京都港区浜松町二丁目4番1号
状態 解体
着工 1967年7月[1]
竣工 1970年3月[1]
解体 2021年8月
用途 オフィスホール店舗展示場バスターミナル
地上高
高さ 162.59m
最上階 40階[1]
各種諸元
階数 地下3階、地上40階(地上13階部分は機械室)[2]
敷地面積 16,080.99 [1]
建築面積 9,573.17 [1]
延床面積 153,941.22 [1]
構造形式 高層部 鉄骨造
低層部および地下 鉄骨鉄筋コンクリート造
別館 鉄筋コンクリート造[1]
エレベーター数 31基(開業時)[1]
関連企業
設計 日建設計、武藤研究室(武藤構造力学研究所)[1]
施工 鹿島建設[1]
デベロッパー 東京ターミナル(現:世界貿易センタービルディング[1]
テンプレートを表示
世界貿易センタービルディング南館
World Trade Center Building South Tower.jpg
施設情報
所在地 東京都港区浜松町二丁目4番1号
状態 完成
着工 2017年9月
竣工 2021年3月[3]
用途 オフィス店舗駐車場
地上高
高さ 197.317m
最上階 39階[3]
各種諸元
階数 地下3階、地上39階、塔屋2階[3]
敷地面積 21,007.17 [3]
建築面積 2,881.46 [3]
延床面積 95,239.38 [3]
構造形式 鉄骨造(柱:CFT造)、一部鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造[3]
関連企業
設計 日建設計鹿島建設
施工 鹿島建設
テンプレートを表示
地図

世界貿易センタービル(せかいぼうえきセンタービル、英:World Trade Center(Tokyo))は、東京都港区浜松町二丁目にあるオフィス、会議室、展示場、結婚式場、展望台、物販・飲食店街、バスターミナルを備えた超高層ビル[2]。 本館と別館は建て替えのため、2021年(令和3年)6月30日で閉館した[4]。新しいビルは同じ場所に建設され、2027年(令和9年)3月の完成を目指す[2][5]

歴史・概要[編集]

貿易に関係ある諸機関を集めたいわゆる「貿易センター」建設への世界的動きに応じ[6]1964年(昭和39年)、東京商工会議所の呼びかけによって日本の経済界を代表する約140社の企業が参加し[6]資本金25億円で東京ターミナル(現:世界貿易センタービルディング)を設立。1965年(昭和40年)には50億円に倍額増資して、建設するビルの名称を「世界貿易センタービル」に決定した。

翌年7月都市計画法に基づく「特定街区」の指定を受け建設工事を着工、1970年(昭和45年)3月、霞が関ビル(36階、147m)に次ぐ日本における2番目の超高層ビルとして竣工した[6]西新宿京王プラザホテル(47階、169m)が建つまでの約1年間、高さが日本一だった[7]

東京港に面し京浜工業地帯に近い計画時におけるこのビルのロケーションは、丸の内霞が関などのオフィス街に比べると遥かに洗練度を欠いていた[6]。この環境に対し、日建設計・武藤研究室(武藤構造力学研究所)は、貸しビルとしての経営採算に見合う建設費に対し、もっとも質が高く、調和のとれた執務環境を提供し、日本の貸ビルを代表する建物とすべく、単純でプロポーションの良い、そして黒い四角いタワーというイメージをもって設計をスタートさせ[6]鹿島建設の施工で超高層ビルは実現に至った。

施設[編集]

最上階40階の展望台からの夕景

施設は地下3階地上40階建ての本館と、地下3階地上5階建ての別館、地下3階地上39階建ての南館で構成される。本館と別館のある2つのブロックと、モノレール浜松町駅とに囲まれたスペースコンコースとして、複合機能の要というべき役割をもたせた[6]。また2階をこのビル全体の主要レベルに設定し、タワー部のエレベーターもこのレベルをスターティングフロアとしている[6]

本館はオフィスフロアのほか、40階に展望台シーサイドトップ、39階にレストラン街、38階にスカイホール(披露宴会場・貸会議室)、14階にメディカルセンター[7]、1階~2階には銀行郵便局・航空会社案内所等の店舗[6]、地下1階が飲食店街[7]、地下2階が浜松町駐車場の構成だった。別館の下層部には開発にあたっての設置条件だった東京で最初の中長距離バス発着用として[6]浜松町バスターミナルが設置され[6]、上層部には展示場を設けた[8](いずれも開業時)。

展望台

展望台シーサイドトップでは、方角ごとに異なる東京の姿が楽しめ、バブル期には地図を手に、空いている土地を探す不動産関係者も見られ、周辺の開発が進み、ビルの明かりが増えると、夜景の名所と言われるようになった[9]エレベーターが止まった東日本大震災の時は、状況を確認するためビル管理会社の職員が展望台のある40階まで階段で上った[9]

中庭

本館と別館の間にある3階の中庭には、京都伏見稲荷大社分霊を祀った「みなと稲荷」があり、2月に初牛祭り、10月にみなと稲荷神社例大祭が行われた[10]

再開発[編集]

再開発計画[編集]

2013年(平成25年)3月、当ビル敷地を含む浜松町駅西側の約3.2ヘクタールの「浜松町二丁目4地区」は都市再生特別地区として都市計画決定の告示を受けた[11]。これを受け、地区全体では当ビルの建て替えを含め複合ビル5棟の建設が計画されている[12][13][14][15]。152メートルの超高層ビルの解体は、我が国では過去最大となる(今までは赤坂プリンスホテルの解体が最大だった)[16]。なお、高さ165.9メートルの浜松町ビルディングも再開発のため解体される予定であるため、浜松町ビルディングが解体されればそれが過去最大となる(再開発計画の詳細は個別記事を参照)。

開発はA街区とB街区およびC地区にそれぞれ別けて着手され、A街区に世界貿易センタービルディング南館(地下3階地上39階 2021年3月完成)[17]、同ビルディング本館・バスターミナル(2027年3月に竣工予定)、東京モノレール浜松町駅(2027年12月に竣工予定)、B街区に日本生命保険が1000億円を投じ開発した日本生命浜松町クレアタワー(地下3階地上29階、2018年8月完成)[18]、C地区に再開発組合が推進する複合施設(地下2階地上46階、2026年12月全体竣工を予定)が整備される[19][20]

解体工事[編集]

残すところ10階まで迫った解体状況と背後に聳える南館(2023年1月15日)

旧本館は閉館後、2021年8月から解体工事が始まった[21]。2021年10月の地点では内壁や天井、床といったビル内装を解体する段階であったが[22]、2022年3月から吊り下げ足場が設置され翌4月からビル外装の解体が始まった[23]

解体期間中の2021年12月には旧本館壁面を利用してクリスマスツリーイルミネーションが行われた[24]。2022年1月には同じく旧本館壁面を利用して「賀正」の文字のライトアップが行われた[25]。これは建設期間中の1970年にも行われたものである[26]

旧本館の解体工事は同ビルの建設と同じく鹿島建設が施工し、新たに開発された「鹿島スラッシュカット工法」[27]が採用された。これは、上層階の床材を新開発の「斜め切断カッター」によって斜めに切断して大きなブロックに分割し、そのブロックをクレーンで吊り上げ、ビル内部に設けられた12m×9mの巨大な揚重開口に入れて地上に下ろし、地上で小さく解体するものである。これにより粉塵や部材の飛散、騒音振動、CO2排出量を最小限に抑えられるだけでなく、床の切断時に階下にブロックの落下を防ぐ支保工を存置する必要がなくなり、工期短縮を実現することも可能とした[28]。2022年7月13日、解体現場が報道陣に公開された[21]。解体作業は1フロアあたり約1週間のサイクルで行われ[23]、2023年3月に終了する予定[21]

これにより、赤坂プリンスホテル新館(138.9m)を上回り、解体されたビルとしては日本一の高さとなった。

沿革[編集]

  • 1964年、建設計画のため資本金25億円で不動産会社東京ターミナル(現:世界貿易センタービルディング)、また運営組織として社団法人世界貿易センターを設立。日本商工会議所東京商工会議所の当時の会頭は足立正
  • 1966年、資本金を50億円に増資。
  • 1967年、都市計画法に基づく「特定街区」の指定を受けて着工。
  • 1970年、竣工。東京ターミナルの全額出資で株式会社貿易ビルサービスが設立。マンハッタンでワールド・トレード・センター連合 (World Trade Centers Association、WTCA) が創立され、東京の社団法人世界貿易センターも創立メンバーとして加盟。
  • 1971年、第12回BCS賞受賞[1]
  • 1974年、不動産会社「東京ターミナル」が「世界貿易センタービルディング」と名称変更。
  • 2008年、第13回BELCA賞(ロングライフ部門)受賞。
  • 2012年、世界貿易センタービルディング、東京モノレール東日本旅客鉄道国際興業の4社は、世界貿易センタービルを含む地区の再開発計画を発表。東京都に計画を提出。
  • 2017年、現在の世界貿易センタービルの南側に、再開発計画の一環として世界貿易センタービルディング南館(業務棟)着工[11]
  • 2021年
    • 3月 - 世界貿易センタービルディング南館竣工。
    • 6月30日 - 旧ビル閉館。
  • 2027年3月、世界貿易センタービルビルディング本館・バスターミナルが竣工予定。

一般社団法人 世界貿易センター(東京)[編集]

一般社団法人世界貿易センター(東京)は、ワールド・トレード・センター連合 (WTCA) の創立メンバーで、世界貿易センタービルでの会員への会議室提供の業務などのほか、国際的な市場調査や国際展示会参加支援などの業務を行っている。

モノレール浜松町駅ビル

交通[編集]

JR東日本山手線京浜東北線浜松町駅東京モノレール羽田空港線モノレール浜松町駅とは2階のコンコースで、都営地下鉄大江戸線浅草線大門駅には地下1階通路で接続されている。また、隣接する別館には地方都市とを結ぶ高速バス各社、はとバスのターミナル(浜松町バスターミナル)があった。

世界貿易センター周辺

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 世界貿易センタービルヂング”. 日本建設業連合会. 2021年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c 加藤行平 (2017年6月6日). “33年に一度 竜王・苗村神社大祭 県立大調査団が記録本”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 夕刊 3 
  3. ^ a b c d e f g World Trade Center Building South Tower”. 2022年12月13日閲覧。
  4. ^ “「日本一の高層ビル」閉館 浜松町の世界貿易センター”. 共同通信. (2021年7月1日). オリジナルの2021年7月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210727104350/https://nordot.app/783284149574008832 2021年7月27日閲覧。 
  5. ^ “さようなら、世界貿易センタービル 都心の象徴を解体へ”. 朝日新聞デジタル. (2021年6月30日). https://www.asahi.com/articles/ASP6Z313VP6ZUTIL001.html?iref=pc_ss_date_article 2021年7月2日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j 新建築 1970, p. 216.
  7. ^ a b c ビル紳士録 1992, p. 76.
  8. ^ 新建築 1970, p. 218.
  9. ^ a b 「いいね! 探訪記 変わる街と50年、たそがれどき 世界貿易センタービル 東京都港区」『朝日新聞』夕刊 3頁 2019年7月6日
  10. ^ ビル紳士録 1992, p. 77.
  11. ^ a b “浜松町二丁目4地区A街区本格始動 2021年の竣工に向け、世界貿易センタービルディング南館(業務棟)が着工” (プレスリリース), 株式会社世界貿易センタービルディング 鹿島建設株式会社 東京モノレール株式会社 東日本旅客鉄道株式会社, (2017年9月7日), https://www.kajima.co.jp/news/press/201709/7a1-j.htm 2021年4月29日閲覧。 
  12. ^ “羽田への地の利で「新橋超え」も、浜松町再開発”. 日本経済新聞. (2016年12月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO08979510R31C16A0000000/ 2021年4月29日閲覧。 
  13. ^ “浜松町の世界貿易センタービルを解体 周辺の大規模再開発、2024年完成予定”. msn産経ニュース. (2012年10月18日). オリジナルの2012年10月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121020111841/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121018/biz12101818490023-n1.htm 2013年1月27日閲覧。 
  14. ^ “世界貿易センタービルを建て替え 老朽化で、24年度完成”. 47ニュース. (2012年10月18日). オリジナルの2013年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130521141725/http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012101801001453.html 2013年1月27日閲覧。 
  15. ^ “浜松町・世界貿易センタービル、建て替えへ-都に都市計画提案提出”. 新橋経済新聞. (2012年11月20日). http://shinbashi.keizai.biz/headline/1317/ 2013年1月27日閲覧。 
  16. ^ 「臨海部、再開発盛ん 竹芝・芝浦、データ解析、効率管理 マンスリー編集特集」『日経産業新聞』6頁 2021年1月29日
  17. ^ “世界貿易センタービルディング南館完成”. 日刊建設工業新聞. (2021年3月15日). https://www.decn.co.jp/?p=119210 2021年4月29日閲覧。 
  18. ^ “生保マネー再び不動産へ 18年度、4年ぶり増加へ”. 日本経済新聞. (2019年3月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43036830Y9A320C1EE9000/?unlock=1 2021年4月29日閲覧。 
  19. ^ “浜松町二丁目地区市街地再開発組合が設立” (プレスリリース), 鹿島建設株式会社, (2018年11月14日), https://www.kajima.co.jp/news/press/201811/14a1-j.htm 2021年4月29日閲覧。 
  20. ^ “浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 新築工事着工のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社世界貿易センタービルディング 鹿島建設株式会社 三井不動産レジデンシャル株式会社 三菱地所レジデンス株式会社, (2021年3月15日), https://www.wtcbldg.co.jp/info/images/20210319.pdf 2021年4月29日閲覧。 
  21. ^ a b c 鹿島が世界貿易センタービルを解体中、床を斜めに切断する新工法で工期短縮”. 日経クロステック (2022年7月29日). 2022年12月7日閲覧。
  22. ^ 日本一高かった超高層ビルを解体せよ!建物に竪穴を開けて解体部分を降ろす新工法~10月8日「くにまるジャパン極」”. 文化放送 (2021年10月8日). 2023年1月1日閲覧。
  23. ^ a b MOVIE|世界貿易センタービルディング解体|鹿島建設株式会社
  24. ^ 株式会社世界貿易センタービルディングの公式Twitterより
  25. ^ 株式会社世界貿易センタービルディングの公式Twitterより
  26. ^ 「賀正」の文字が浮かぶ世界貿易センタービルの前を終夜運転の列車が走る=1970年(4/11)-閉館・世界貿易センタービル 世界貿易センタービル 閉館 解体 日本一 浜松町 ランドマーク シーサイドトップ”. 朝日新聞デジタル (2021年6月30日). 2023年1月1日閲覧。
  27. ^ 国内最高!162mのビルを新開発の「鹿島スラッシュカット工法」で解体中| プレスリリース | 鹿島建設株式会社
  28. ^ 技術|世界貿易センタービルディング解体|鹿島建設株式会社
  29. ^ 2019年1月、西側隣接地に28階建ての日本生命浜松町クレアタワービルが竣工したため、増上寺方向の視界は遮られている。
[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『新建築』新建築社、1970年6月。 
  • 森喜則、今吉賢一 『ビル紳士録』毎日新聞社、1992年9月。ISBN 4-62030885-4 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分22.72秒 東経139度45分24.14秒 / 北緯35.6563111度 東経139.7567056度 / 35.6563111; 139.7567056