世界言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

社会言語学における世界言語(せかいげんご、: world language, global language)または国際語(こくさいご、: international language)は、地理的に広い領域で使用され、異なる言語を使う人々が交流することを可能にする言語を指す[1][2][3]エスペラントなどの人工的な国際補助語を指していう場合もある[4]

2022年現在、英語が最大の(そして唯一の)世界言語とされる。その他にはアラビア語フランス語ロシア語スペイン語が候補として挙げられることがある。かつてはラテン語が世界言語であったとする論がある[5][6][7]

概念[編集]

世界言語という用語の定義について、多数の提案があったものの、一般的な合意はなされていない[8][9]

提案された定義の一つに、コンゴの言語学者であるサリココ・ムフウェネ英語版による、「故郷ではないところで使われている土語や、民族的・国家的に関連付けられていない人々にもリングワ・フランカなどとして使われている言語」というものがある[10]。また、言語学者のモハメド・ベンラバは、世界言語という用語を、オランダ人言語学者であるアブラム・デ・スワーンオランダ語版が彼のグローバル言語システム英語版において使用する「スーパー主要言語[注釈 1]」と似たものであると主張した[11]スペイン人社会言語学者であるクレア・マー・モリネロは、人口統計、言語に対する態度、政治的、法的、経済的、科学的、技術的、学術的、教育的、および文化的な領域に関する、その言語が受けなければならないテストを実施することを提案した[12]

ドイツ人社会言語学者のウルリッヒ・アモンドイツ語版は、グローバルでのコミュニケーション、特に母語が共通でない人々によるリングワ・フランカとしての使用が最も重要であると主張している[13]。アモンは、どの言語が世界言語として考慮できるかなどの、言語のグローバル性を測る指標を考案している。この指標の中での主要なものは、非母国語話者の数である。もう一つの指標は母国語話者の数であり、グローバル性を直接測るものではないものの、グローバル性と結びついていることがわかっている。他には、母国語者のGDPで測られる経済力や、その言語を公用語として扱う国の数とその国の地理分布、国際事業英語版における使用、また化学文献英語版における普及などがある[14]

[編集]

アラビア語[編集]

サリココ・ムフウェネ英語版は、リングワ・フランカとしての使用が少ないものの、世界中のムスリム達によって使用されている典礼言語であるため、アラビア語を英語、フランス語に次ぐ二流の世界言語であるとしている[15]。しかし、儀式などで使われる言語は、必ずしも宗教外での言語能力と一致しないというような反論もなされている[11]

英語[編集]

英語が世界言語であるということは、学術的に合意されている。また、イギリスデイビッド・クリスタル英語版などの一部の著者は英語が唯一のものであるとの見解も示している。多元論者である著者たちも、英語は一番の世界言語として個性的な立場にあるとみなしている[11]。また、アブラム・デ・スワーンオランダ語版グローバル言語システム英語版においては、英語は最高の「ハイパー主要言語[注釈 2]ドイツ人社会言語学者のウルリッチ・アモンドイツ語版は、「今日の言語に当てはめる際に、英語を一番にしない国際的な言語の指針はない」としている[16]。英語が一番の世界言語である理由について、ムフウェネとアモンは二人とも英語のリングワ・フランカとしての使用量に焦点をおいているのに対し[17][18]、クリスタルは英語の地理分布に焦点を置いている[19]

フランス語[編集]

フランス語は、デ・スワーンのグローバル言語システムにおいて「スーパー主要言語」の一つであるため、世界言語であるとみなされてきた[11]サリココ・ムフウェネ英語版は、フランス外で、フランス語とつながりがない人々が土語やリングワ・フランカとして使っていることから、世界言語であるとしている[10]

ロシア語[編集]

ロシア語は、デ・スワーンのグローバル言語システムにおいて「スーパー主要言語」の一つであるため、世界言語であるとみなされてきた[11]。サリココ・ムフウェネは、ロシア外で、ロシア語とつながりがない人々が土語やリングワ・フランカとして使っていることから、世界言語であるとしている[10]

スペイン語[編集]

スペイン語は、デ・スワーンのグローバル言語システムにおいて「スーパー主要言語」の一つであるため、世界言語であるとみなされてきており[11]、社会言語学者のウルリッヒ・アモンドイツ語版も世界中で外国語として喋られているため世界言語であるとしている[20]。サリココ・ムフウェネは、スペイン外で、スペイン語とつながりがない人々が土語として使っているが、リングワ・フランカとしての使用が少ないことから英語とフランス語に次ぐ、二流の世界言語であるとしている[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 英: supercentral language
  2. ^ 英: hypercentral language

出典[編集]

  1. ^ Ammon, Ulrich (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “World Languages: Trends and Futures”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 101, doi:10.1002/9781444324068.ch4, ISBN 978-1-4443-2406-8 
  2. ^ Ammon, Ulrich (1997), Stevenson, Patrick, ed., “To What Extent is German an International Language?” (英語), The German Language and the Real World: Sociolinguistic, Cultural, and Pragmatic Perspectives on Contemporary German (Clarendon Press): 25–53, ISBN 978-0-19-823738-9, https://books.google.com/books?id=AviTvt-cPaUC&pg=PA25 
  3. ^ de Mejía, Anne-Marie (2002) (英語). Power, Prestige, and Bilingualism: International Perspectives on Elite Bilingual Education. Multilingual Matters. pp. 47–49. ISBN 978-1-85359-590-5. https://books.google.com/books?id=RNbsQBv0NR0C&pg=PA47. "'international language' or 'world language' [...] The following languages of wider communication, that may be used as first or as second or foreign languages, are generally recognised: English, German, French, Spanish, Portuguese, Dutch, Arabic, Russian and Chinese." 
  4. ^ Ammon, Ulrich (1989) (英語). Status and Function of Languages and Language Varieties. Walter de Gruyter. p. 422. ISBN 978-3-11-086025-2. https://books.google.com/books?id=0YAiAAAAQBAJ&pg=PA422 2021年2月13日閲覧. "By the term world language approximately the following can be understood: Firstly, [...]. Secondly, international planned languages (e.g Esperanto, Ido, Interlingua)." 
  5. ^ Wright, Roger (2012), Hernández-Campoy, Juan Manuel; Conde-Silvestre, Juan Camilo, eds., “Convergence and Divergence in World Languages”, The Handbook of Language and Globalization (John Wiley & Sons): 552, doi:10.1002/9781118257227.ch30, ISBN 978-1-4051-9068-8, https://books.google.com/books?id=SIWpmWNoB7YC&pg=PA552, "There is no generally agreed precise definition of what counts as a 'World' Language. For the purposes of this chapter, they can be defined as languages spoken over a wide geographical area, often as a result of previous colonization, and in many cases by native speakers of some other language. The category now includes Spanish, Portuguese, French, and English, but with reference to historically earlier periods the label has been applied to Latin [...]" 
  6. ^ Mufwene, Salikoko S. (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “Globalization, Global English, and World English(es): Myths and Facts”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 42, doi:10.1002/9781444324068.ch1, ISBN 978-1-4443-2406-8, "I submit that, as in the case of that earlier 'world language,' Latin, it was the association with trade and (more) lucrative business that favored English over its competitors, both in the United States and around the world." 
  7. ^ Crystal, David (2003). English as a global language (2nd ed.). Cambridge, UK: Cambridge University Press. p. 190. ISBN 0-511-07862-5. OCLC 57418548. http://culturaldiplomacy.org/academy/pdf/research/books/nation_branding/English_As_A_Global_Language_-_David_Crystal.pdf. "The emergence of English with a genuine global presence therefore has a significance which goes well beyond this particular language. Because there are no precedents for languages achieving this level of use (if we exclude Latin, which was in a sense 'global' when the world was much smaller), we do not know what happens to them in such circumstances." 
  8. ^ García, Adolfo M. (2014-01-02). “Neurocognitive determinants of performance variability among world-language users”. Journal of World Languages 1 (1): 60–77. doi:10.1080/21698252.2014.893671. ISSN 2169-8252. 
  9. ^ Wright, Roger (2012), Hernández-Campoy, Juan Manuel; Conde-Silvestre, Juan Camilo, eds., “Convergence and Divergence in World Languages”, The Handbook of Language and Globalization (John Wiley & Sons): 552, doi:10.1002/9781118257227.ch30, ISBN 978-1-4051-9068-8, https://books.google.com/books?id=SIWpmWNoB7YC&pg=PA552 2021年4月16日閲覧, "There is no generally agreed precise definition of what counts as a 'World' Language. For the purposes of this chapter, they can be defined as languages spoken over a wide geographical area, often as a result of previous colonization, and in many cases by native speakers of some other language. The category now includes Spanish, Portuguese, French, and English, but with reference to historically earlier periods the label has been applied to Latin [...]" 
  10. ^ a b c d Mufwene, Salikoko S. (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “Globalization, Global English, and World English(es): Myths and Facts”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 42, doi:10.1002/9781444324068.ch1, ISBN 978-1-4443-2406-8, "By the middle of the twentieth century, a few European colonial languages had emerged as 'world languages,' in the sense of languages spoken as vernaculars or as lingua francas outside their homelands and by populations other than those ethnically or nationally associated with them. These included English, French, Russian, and Spanish." 
  11. ^ a b c d e f Benrabah, Mohamed (2014-01-02). “Competition between four "world" languages in Algeria”. Journal of World Languages 1 (1): 38–59. doi:10.1080/21698252.2014.893676. ISSN 2169-8252. 
  12. ^ Mar-Molinero, Clare (2004-01-01). “Spanish as a world language: Language and identity in a global era” (英語). Spanish in Context 1 (1): 8. doi:10.1075/sic.1.1.03mar. ISSN 1571-0718. https://www.jbe-platform.com/content/journals/10.1075/sic.1.1.03mar. 
  13. ^ Ammon, Ulrich (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “World Languages: Trends and Futures”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 102–103, doi:10.1002/9781444324068.ch4, ISBN 978-1-4443-2406-8, "A concept of 'world language' which is useful for our purposes would be based on its global function, which means 'use for global communication' and can be specified further [...]" 
  14. ^ Ammon, Ulrich (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “World Languages: Trends and Futures”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 104–116, doi:10.1002/9781444324068.ch4, ISBN 978-1-4443-2406-8 
  15. ^ Mufwene, Salikoko S. (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “Globalization, Global English, and World English(es): Myths and Facts”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 43, doi:10.1002/9781444324068.ch1, ISBN 978-1-4443-2406-8, "overlooking variation across nations, Arabic counts as a 'world language' to the extent that it is used as a religious/ritual language wherever Islam is practiced; but it does not have that status of lingua franca associated with English and French as languages of business/trade and scholarship which are also used by non-native speakers. Arabic is thus reduced to the same status as Spanish, which outside Spain is spoken mostly in Latin America, as the dominant vernacular." 
  16. ^ Ammon, Ulrich (2010), “World Languages: Trends and Futures” (英語), The Handbook of Language and Globalization (John Wiley & Sons, Ltd): 116–117, doi:10.1002/9781444324068.ch4, ISBN 978-1-4443-2406-8, "There is virtually no descriptive parameter or indicator for the international or global rank of a language which, if applied to today's languages world-wide, does not place English at the top" 
  17. ^ Mufwene, Salikoko S. (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “Globalization, Global English, and World English(es): Myths and Facts”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 43, doi:10.1002/9781444324068.ch1, ISBN 978-1-4443-2406-8, "It thus appears that what has made English the foremost "world language" is its function as lingua franca" 
  18. ^ Ammon, Ulrich (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “World Languages: Trends and Futures”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): 103, doi:10.1002/9781444324068.ch4, ISBN 978-1-4443-2406-8, "It is such usage, as lingua franca, that distinguishes English most noticeably from other languages." 
  19. ^ Crystal, David (1995). The Cambridge encyclopedia of the English language. Internet Archive. Cambridge [England]; New York : Cambridge University Press. p. 106. ISBN 978-0-521-40179-1. https://archive.org/details/cambridgeencyclo00crys. "English is now the dominant or official language in over 60 countries (see the table on p. 109), and is represented in every continent and in the three major oceans – Atlantic (e.g. St Helena), Indian (e.g. Seychelles), and Pacific (e.g. Hawaii). It is this spread of representation which makes the application of the term 'world language' a reality." 
  20. ^ Ammon, Ulrich (2010-10-07), Coupland, Nikolas, ed., “World Languages: Trends and Futures”, The Handbook of Language and Globalization (Oxford, UK: Wiley-Blackwell): p. 102, doi:10.1002/9781444324068.ch4, ISBN 978-1-4443-2406-8, "We would nevertheless include Spanish into the plurality of world languages with which we deal here, on the grounds that one finds those who speak it as a foreign language in countries around the world." 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]