世界動物の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界動物の日(せかいどうぶつのひ、World Animal Day)とは、動物愛護・動物保護のための世界的な記念日である。毎年10月4日。この日には、世界各地で動物愛護・動物保護のための様々な活動が行われる。

世界動物の日は1931年イタリアフィレンツェで開かれた「国際動物保護会議」で制定された[1] 10月4日が選ばれたのは、この日がアッシジのフランチェスコ聖名祝日であるためである。アッシジのフランチェスコは、の前では人も動物も、あらゆる神の被造物は神を父とする兄弟姉妹であり、平等であると説いた。世界の多くの教会では、10月4日に近い日曜日に動物のための祝福を行う。

今日では世界動物の日はキリスト教の聖名祝日を越えて、あらゆる宗教・信条・国籍の動物愛好者によって祝われている。動物への祝福は、教会やシナゴーグで、また、公園などで独立の牧師によって行われている。[2] アニマル保護シェルターでは基金調達のためのイベントと施設の一般公開が行われる。野生生物保護団体は情報を展示するためのイベントを開催する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]