世界三大宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界三大宗教(せかいさんだいしゅうきょう)とは、仏教キリスト教イスラム教の三つを指した言葉。三大宗教ともいう。

この「世界三大宗教」という用語は、日本・中国等の用語であり、英語で「世界三大宗教」に相当する用語は存在しない。

信者数は、キリスト教が20億人、イスラム教が16億人、仏教が4億人程度とされる。仏教よりもヒンドゥー教の方が9億人程度なので多く、信者数だけならキリスト教、イスラム教、そしてヒンドゥー教が世界三大宗教になるはずである。 ヒンドゥー教が三大宗教に入らない理由として、ヒンドゥー教が民族宗教であること、また日本での知名度が低いことなどが要因とされる。

また、これにユダヤ教、ヒンドゥー教を加え、五大宗教[1]とする場合もある。

脚注[編集]

  1. ^ スーザン・タイラー・ヒッチコック、ジョン・L=エスポズィート著、尾澤和幸編、田辺久美江〔ほか〕訳 『世界の宗教-信仰の歴史と聖地への旅』日経ナショナルジオグラフィック社(発売:日経BP出版センター)、2005年。

関連項目[編集]