世界三大夜景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界三大夜景(せかいさんだいやけい)とは、世界中の代表的な夜景を3ヶ所選んだものを指す。

日本では、各地の夜景の紹介において、100万ドルの夜景[1]、1,000万ドルの夜景[2]日本三大夜景新日本三大夜景日本夜景遺産、世界新三大夜景、等々、日本国内の各種団体による(命名者不明も含め)いろいろな表現を見ることができるが、その一つとして、函館ナポリ香港夜景を、世界三大夜景と称するものがある[3]。ただし、この3ヶ所を選択した人物や団体、根拠、時期などは不明である。[4]

日本以外においては、中華圏和製漢語としてのこの言葉が使われることがある。[5] [6] [7]

民間団体による認定の例[編集]

日本の一般社団法人・夜景観光コンベンションビューローが、同法人が認定を行っている夜景鑑定士3500人へのアンケートを元に、2012年10月に長崎市で行われた「夜景サミット2012 in 長崎」において、長崎香港モナコを「世界新三大夜景」と認定し、日本国外においては香港メディアがその様子を伝えた。[4] [8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1953年に電力会社幹部が神戸の夜景について「六甲山から見た神戸の電灯の電気代」に絡めて命名した。[1]
  2. ^ 神戸国際観光コンベンション協会
  3. ^ 函館山(日本三大夜景)(パノラマ夜景.com) 、ナポリの夜景 世界三大夜景(こよなく夜景を愛する人へ)
  4. ^ a b 世界新三大夜景は、モナコ、香港、長崎誠Style、2012年10月9日)
  5. ^ 網路城邦週報·世界三大百萬夜景
  6. ^ TVB 旅遊網·旅遊情報·義大利 TVB 旅遊網·旅遊情報·函館
  7. ^ wikipediaにおいて、「世界三大夜景」の記事は、日本語版の他に、中国語版、広東語版に存在している。
  8. ^ 香港再次獲選世界三大夜景城市 なお、この記事を含めた香港各紙の報道では「前回の大会では函館、香港、ナポリが世界三大夜景として選ばれ、香港は唯一の連続認定都市となった」とされたものが多く、中国語版や広東語版のwikipediaでもそれに準じた記述がなされているが、同団体が夜景サミットを開催したのは2012年が初めてであるのでこれは誤報である。中国語版広東語版も参照のこと。

関連項目[編集]