世界三大がっかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界三大がっかり(せかいさんだいがっかり)とは、日本人観光客をがっかりさせる世界3カ所の観光名所を指す用語である。

世界的に有名で、観光客が多い割には、素朴・簡素・小規模で、過剰な期待を裏切るとされる場所の代表例。シンガポールマーライオンコペンハーゲン人魚姫の像ブリュッセル小便小僧のことである[1]。小便小僧は三大がっかりに含めず、ドイツライン川ローレライシドニーオペラハウス等、他の観光名所を代わりに数える場合もある[2]

イギリス人にとっての「最もがっかりした観光地」[編集]

2007年イギリスの旅行保険会社ヴァージン・トラベル保険が国内の成人1267人に対して実施した、「最もがっかりした観光地 (Most Disappointing Tourist Spot) 」に関する世論調査では、1位パリエッフェル塔、2位同ルーヴル美術館、3位ニューヨークタイムズスクェアの順であった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 片岡恭子「片岡恭子の海外をちこち便り シンガポール編」、『月刊REALGOLF』2008年9月号。
  2. ^ 自転車競技 KEIRIN.JP (2008年3月4日). “デュッセルドルフ通信”. 2011年2月24日閲覧。
  3. ^ Natalie Paris (2007年8月17日). “Eiffel Tower 'most disappointing' tourist spot”. Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2007/08/17/ntourists117.xml 2011年2月24日閲覧。 

関連項目[編集]