世界一奇妙なクイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界一キモいクイズから転送)
移動先: 案内検索

世界一奇妙なクイズ』(せかいいちきみょうなくいず)は、テレビ朝日で放送されたクイズ番組

第1回と第2回は「世界一キモいクイズ」(せかいいちきもいくいず)と題してバラエティ番組すくいず!』の企画第6弾として放送。第3回からは現タイトルに改題され、特別番組(放送時間はネオバラエティ水曜日)が放送された。

様々な分野の、オタクを自負する芸能人がスタジオに集まって、自分の得意分野からクイズを出しあうが、クイズの出題前後は、手元にある「ちなみに」「逆に」ボタンを押して、勝手に薀蓄を挟むことも許されている。第1回では、特に正解・不正解や薀蓄の出来・不出来によって優劣を決めていなかったが、第2回では、特に(賛辞の意味で)「キモい」活躍を見せた半田健人に、バンダイの「Human Player」が贈られた。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 中川翔子
  • しゅんたん… 中川と共に司会を務める一般人。その正体は、構成作家の山川俊司。あだ名が「しょこたん」に似ていることと、気持ち悪い見た目を重視して起用されたらしい。第1回・第2回は、身振り手振りと口パクだけで進行しており、声は大竹によるアテレコ。第3回より司会の後方の部屋から見守る立場となり、大竹とのホットラインで意思を伝える程度になった。
  • 大竹一樹… 第1回・第2回では、しゅんたんの声を担当した、所謂「天の声」役。第1回は「某芸能人」という形で伏せられていたが、第2回のエンディングトークでスペシャルサンクスとして顔出し出演。その代わり、天の声を失ったしゅんたんがポックリと息絶える演出が為された。第3回でしゅんたんの卵から誕生し、司会に昇格した。

解答者[編集]

第1回より毎回出演
第1回・第2回に出演
第1回・第3回・第4回に出演
第1回のみに出演
第2回のみに出演
第3回・第4回に出演

ナレーター[編集]

主なスタッフ[編集]

放送日[編集]

外部リンク[編集]