世界メンタルヘルスデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界メンタルヘルスデー(せかいメンタルヘルスデー、: World Mental Health Day)は、メンタルヘルス問題に関する世間の意識や関心を高め、偏見社会的スティグマを無くし、正しい知識を普及するために定められた国際デー記念日)。

発祥と経過[編集]

オランダに本部を置くNGO世界精神保健連盟(WFMH)が、1992年にメンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、ネガティブなステレオタイプ化に反論し、人々に体験発表の場を与えることを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定める。その後、国連機関の世界保健機関(WHO)も賛同し、正式に国際デー(記念日)と認められる[1]

現在は世界各地でメンタルヘルスに関連する啓発イベントなどが行われる。国際的にはグリーンリボンメンタルヘルスシンボルとされ、ピンバッジなどを身につけることで地域社会への支援や連携を表すようになっている。2020年の世界メンタルヘルスデーには、メンタルヘルスの活動家でもあるマレーシア国王の長女、イマン・アフザン・アル・スルタン・アブドラ王女殿下が国際サポーターに着任した[2]。2020年の世界メンタルヘルスデーでは、マレーシアの国王と王妃もグリーンリボンのピンバッジを着用した[3]

日本国内でのメンタルヘルスデー[編集]

日本国内では、メンタルヘルスデーの存在はあまり知られていない。

メンタルヘルスに関連するアウェアネスリボン運動のシルバーリボンが、2011年から「メンタルヘルスデー」に合わせたイベントを展開している。

脚注[編集]

  1. ^ 世界メンタルヘルスデーJAPAN2020特設サイト:世界メンタルヘルスデーについて”. www.jmar-llg.jp. 2020年10月14日閲覧。
  2. ^ Malaysia” (英語). World Federation for Mental Health (2020年9月21日). 2021年6月24日閲覧。
  3. ^ King, Queen wear green ribbon badge in support of World Mental Health Day” (英語). The Star. 2021年6月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]