世界デザイン博覧会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界デザイン博覧会[1]
World Design Exposition 1989[1]
白鳥会場の白鳥センチュリープラザ (現名古屋国際会議場)
白鳥会場の白鳥センチュリープラザ
(現名古屋国際会議場
イベントの種類 地方博覧会
通称・略称 デザイン博、デ博
開催時期 1989年7月15日 - 11月26日(135日間)[1]
会場 白鳥公園(白鳥会場)
名古屋城名城公園(名古屋城会場)
名古屋港(名古屋港会場)
主催 財団法人世界デザイン博覧会協会
後援 通商産業省、外務省、文部省、他50団体
来場者数 1518万2822人(3会場合計)[1]

世界デザイン博覧会(せかいデザインはくらんかい)とは、1989年平成元年)7月15日から11月26日までの4か月間、愛知県名古屋市内の3会場で開催された博覧会である[2]。略称は「デザイン博」・「デ博」。

概要[編集]

経緯[編集]

1989年(昭和64年・平成元年)は、1889年明治22年)に全国で市制が敷かれてから38都市が一斉に100周年を迎える年であった。それらの都市では100周年の記念事業が企画され、その多くの都市が中心行事として博覧会を開催することになった。

1981年(昭和56年)に、1988年(昭和63年)のオリンピック誘致に失敗していた名古屋市を始めとする関連自治体は代替のイベント開催を模索していた。名古屋は100年で工業都市として大きく成長し、今後100年を展望するにあたりソフト面の強化を見出した。そこで、デザインに関する世界的なイベントの誘致を考え、1985年(昭和60年)のワシントンで、1989年(昭和64年・平成元年)の世界デザイン会議(工業デザイン部門)の誘致に成功[注釈 1]、100周年記念事業の中心となるイベントとして「世界デザイン博覧会(仮称)」が公表された。また、当時の名古屋市には、適当な場所に大規模な用地が確保できなかったため、会場の分散策が取られた。

博覧会のテーマは「ひと・夢・デザイン───都市が奏でるシンフォニー」[1]。協会理事長にトヨタ自動車会長加藤誠之、総合プロデューサーには GKデザイングループ会長榮久庵憲司が招聘された。会期中(1989年10月18日 - 10月21日)には、本博覧会のきっかけともなった「世界インダストリアル・デザイン会議(世界デザイン会議)」がも同時開催されている(後述)[2]

開催・結果[編集]

開催前は入場券の売り上げが芳しくなく、理事長の加藤が自ら売り歩くなどを行っていたものの、3会場合わせた入場者数は目標の1,400万人を上回る約1,518万人に達し、約2億1000万円の黒字を残す「もっとも成功した地方博」と呼ばれた[2]

しかし、後に博覧会自体は約8億2600万円の赤字だったということ、その穴埋めのため名古屋市が世界デザイン博覧会協会から物品や施設を約10億2600万円購入していたことが発覚した。なお、名古屋市民オンブズマンが当時の名古屋市長の西尾武喜らに購入費の返還を求めた住民訴訟では、名古屋高裁は「基本財産と入場料収入等だけでは賄いきれない費用については、名古屋市において負担すべき義務があったものと解するのが相当である」とし、2007年4月27日付けで名古屋市民オンブズマン側の敗訴が確定している。

メインテーマ館の白鳥センチュリープラザは、期間終了後の1990年に名古屋国際会議場として再整備された。また、ナディアパークはこの博覧会に合わせて発表された「デザイン都市宣言」に含まれる、国際デザインセンター事業の一環で建設されたものである[2][3]

各会場の概要[編集]

略地図
1
名古屋城会場
2
白鳥会場
3
名古屋港会場
●白鳥会場
■名古屋城会場
▲名古屋港会場

パビリオン[編集]

映像技術を駆使した「空飛ぶ車」の冒険劇を上映し、270万人を集めたトヨタグループ館が最も人気を博した[2]

●白鳥会場
■名古屋城会場
▲名古屋港会場

会場内輸送機関[編集]

ポッカライナー[編集]

白鳥会場では、しろとり広場駅 - 日本庭園駅間を連絡するコンピュータ制御のミニモノレール「ビスタライナーVL-NE」が運行された[8]

  • 6人乗り客車15両に、運転車と機械車を合わせた計17両連結で、4編成が泉陽興業で製造された[9]
  • 車両にはスポンサーロゴと博覧会ロゴが配され、鮮やかな色彩を纏った。
  • 単線ループ構造で、両駅間を平均10km/hでゆっくりと遊覧走行した。
  • 利用料金は1人500円
  • 利用者数は62万5000人

世界デザイン会議名古屋[編集]

  • 会期:1989年(平成元年)10月18日 - 21日[10]
  • 主催:国際インダストリアルデザイン団体協議会(ICSID)
  • 内容:国際インダストリアルデザイン団体協議会(ICSID)の総会を中核とする世界会議
  • 参加者:46か国、3,764人(海外参加者857人)[11]
  • 認定展示会:世界デザイン博覧会
  • ネットワーク協賛: DEPO-NET/名古屋市、NTT協同運営
  • (出典『世界デザイン博覧会 公式記録』p75~p78)

関連するテレビ番組[編集]

※全て1989年に放送。

放送日(曜日)時間 番組名 放送局 備考
6月24日(土) 12:00-12:54[12] 世界のポスターがやってきた!「魅惑の世紀末」[12] CBCテレビ [12] 世界デザイン博覧会で開催される「世界の秀作ポスター展」の見どころを伝える[12]
7月15日(土) 10:10-10:25[13] 開幕!!世界デザイン博「見どころパビリオン全情報」[13] 東海テレビ [13]
7月15日(土) 13:00-13:55[13] 夢発見!デザイン博が始まった[13] 中京テレビ
東海テレビ・
CBCテレビ・
名古屋テレビ
テレビ愛知
三重テレビ
岐阜放送
7局共通[13]
司会:福留功男楠田枝里子[13]

その他出演:きくち教児いんぐりもんぐりオスマン・サンコン夏木ゆたか間下このみ斉藤ゆう子千葉おさむ[13]
7月15日(土) 18:10-18:40[13] 中部ナウ (副題「これがデザイン博だ!」)[13] NHK総合 [13]
7月16日(日) [14] 楠田枝里子の名古屋デザイン博中継クイズ[14] フジテレビ [14] 一億人のテレビ夢列島'89!タモリ・さんまの25時間全国縦断耐久マラソンクイズ』の一部として[14]
7月22日(土) 16:00-17:26[15] 宇宙体験!ミールがデ博にやって来た[15] 東海テレビ[15] 司会:楠田枝里子ほか[15]
7月28日(金) 14:00-14:15[16] デ博・あいち21世紀館[16] テレビ愛知[16]
7月29日(土) 13:00-13:55[17] 青春ing~ミュージカル・バードに挑んだ若者たち[17] 東海テレビ[17] 白鳥会場で公演のミュージカル『バード』のメイキング[17]
8月5日(土) 12:00-12:54[18] 真夏の夢一夜「名古屋城・400年」[18] CBCテレビ[18] 7月22日に名古屋城会場で行われた同会場のシンボルイベント「真夏の夢一夜~名古屋城・400年」を中野良子が紹介[18]
8月5日(土) 13:05-14:20[18] 世良公則公開ジャスト・サマー・ライブ[18] 東海テレビ[18] 7月29日に名古屋港会場ポートステージで行なわれた世良公則の野外スペシャル・ライブ[18]
8月12日(土) 14:00-14:54[19] 白鳥になった娘たち「ミュージカルに賭けた青春の三百日」[19] CBCテレビ[19] 白鳥会場のレギュラーイベントとして毎日上演したミュージカル『バード』出演者のオーディションから本番までを追う[19]
8月12日(土) 15:00-15:55[19] 杉本健吉の世界Ⅱ「童の如く・大陶壁画に挑む」[19] 中京テレビ[19] 名古屋城会場に展示された、杉本健吉による大陶壁画の構想から完成までを追う[19]
8月13日(日) 14:00-15:24[20] 世界デザイン博歌の夕べ「夢づくり・音楽の祭典」[20] TBSテレビ
CBCテレビ[20]
出演:五木ひろし早見優五輪真弓パティ・キム蒋大為[20]
8月17日(木) 11:00-11:30[21] これがデザイン博だ! [21] CBCテレビ[21]
8月26日(土) 14:00-14:55[22] イカす老人天国[22] 中京テレビ[22] 24時間テレビ「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)の一部として、白鳥会場を含む6会場からの生中継により、各会場で老人の「元気度マッチ」を行なう[22]
9月2日(土) 13:05-14:20[23] 音と光のロマン!妖精たちのファンタジー[23] 東海テレビ[23] 8月8日に行なわれた名古屋港会場のシンボルイベント「シーサウンズ・ファンタジア・イン・ナゴヤ」を紹介[23]
9月9日(土) 13:05-14:20[24] この夏一番は誰じゃ!爆笑素人なんでもコンテスト[24] 東海テレビ[24] 8月19日に名古屋港会場ポートステージで行なわれたバラエティ[24]。出演:オール阪神・巨人今いくよ・くるよ宮川大助・花子[24]
10月21日(土) 14:00-15:00[25] 名フィル市民の夕べ[25] 中京テレビ[25] 10月2日に白鳥センチュリープラザで行なわれた名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンサート[25]。ゲストは五輪真弓[25]
11月3日(金) 09:30-10:30[26] スーパーレディスロック[26] 名古屋テレビ[26] 9月16日に白鳥会場で行なわれた女性アーティストのロックライブ。出演:森高千里GO-BANG'S[26]
11月10日(金) 11:00-11:30[27] 私の日本発見[27] CBCテレビ[27] 11月3日に名古屋城会場リンナイ本丸ステージで行なわれた「第8回外国人による日本語スピーチコンテスト」を紹介[27]

その他[編集]

  • テーマ曲は愛知県出身の斉藤さおりによる『DREAMES COME TRUE 〜この街のどこかで〜』[28]。開場公開時間は9時30分 - 18時だったが、夏休み期間中(7月21日 - 8月31日)は閉場時間が21時までに延長された。
  • 開催期間中は『DESIGN EXPO '89 スタンプラリー』が行われた。完走者には全員に、ファッションテレビ(1等)・カメラ(2等)・名古屋上空の遊覧飛行券3名分(3等)・ディレクターチェア(4等)・遊園地入園券他いずれか1点(5等)、消しゴム鉛筆他(6等)が贈られた。
  • 当博覧会の開催に際し、開催数日前にJR東海名古屋鉄道名古屋市営地下鉄の金山駅(東海道本線には金山駅ホームを新規設置、名鉄のみ金山橋駅から改称)が統合されて金山総合駅が設置された。開催に前後して、JRは311系211系5000番台、名鉄は1000系6500・6800系、名古屋市営地下鉄は2000形電車などを投入している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本での開催は、1973年の京都に次ぐ2回目。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 電通 1990, p. 66.
  2. ^ a b c d e 「デザイン博成功で光 時流の先へ 中部財界ものがたり 第17部 変わる名古屋財界<4>」中日新聞2014年8月15日付朝刊、地域経済面13ページ
  3. ^ 開発経緯”. ナディアパーク. 2014年2月1日閲覧。
  4. ^ 電通 1990, p. 101.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 電通 1990, p. 109.
  6. ^ a b c d e f 電通 1990, p. 107.
  7. ^ a b c d e f 電通 1990, p. 113.
  8. ^ 『世界デザイン博覧会 公式記録』 電通、財団法人世界デザイン博覧会協会、1990年3月
  9. ^ VL - 泉陽興業、2018年5月30日
  10. ^ 電通 1990, p. 75.
  11. ^ 電通 1990, p. 76.
  12. ^ a b c d 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第26号)p.88。
  13. ^ a b c d e f g h i j k 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第29号)p.86。
  14. ^ a b c d 読売新聞』1989年7月16日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年月7号p.814)テレビ番組表。
  15. ^ a b c d 『ザテレビジョン 中部版』1989年第30号番組表p.67。
  16. ^ a b c 『ザテレビジョン 中部版』1989年第30号番組表p.98。
  17. ^ a b c d 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第31号)p.92。
  18. ^ a b c d e f g h 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第32号)p.84。
  19. ^ a b c d e f g h 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第33号)p.82。
  20. ^ a b c d 「音楽」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第33号)p.42。
  21. ^ a b c 『ザテレビジョン 中部版』1989年第33号番組表p.89。
  22. ^ a b c d 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第35号)p.90。
  23. ^ a b c d 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第36号)p.82。
  24. ^ a b c d e 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第37号)p.82。
  25. ^ a b c d e 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第43号)p.105。
  26. ^ a b c d 『ザテレビジョン 中部版』1989年第44号番組表p.104。
  27. ^ a b c d 「中部版番組ガイド」(『ザテレビジョン 中部版』1989年第45号)p.101。
  28. ^ 電通 1990, p. 358.
  29. ^ 『JR時刻表』弘済出版社、1989年7月(日本語)。

参考文献[編集]

  • 『世界デザイン博覧会 公式記録』電通、財団法人世界デザイン博覧会協会、1990年3月(日本語)。

文献案内[編集]

  • 『世界デザイン博覧会公式ステージガイド』名古屋流行発信、財団法人世界デザイン博覧会協会、1989年7月1日(日本語)。
  • 『世界デザイン博覧会公式ガイドブック』世界デザイン博覧会公式ガイドブック刊行委員会、財団法人世界デザイン博覧会協会、1989年6月13日(日本語)。ISBN 4-8062-0212-6
  • 『世界デザイン博覧会「あいち21世紀館」公式記録』愛知県、1990年3月(日本語)。
  • デポちゃんクラブ『デザイン博非公式記録―デポちゃんクラブ奮闘記―』名古屋流行発信、1990年8月9日(日本語)。ISBN 4-89040-004-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]