世界の軍事企業の売上高ランキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界の軍需企業の売上高ランキングとは、アメリカの軍事専門紙ディフェンスニュースが年に一回発表している、世界の軍事企業の売上高の上位100社をランキングしたリストである。

概要[編集]

2007年のリストでは、上位5社の売上額が全体の43%を占めた。また米国企業が100社中41社を占めた。2006年の上位100社の合計売上高は3197億ドルだった。また100位圏内に入った日本企業9社の合計売上高は6890百万ドルだった。

日本企業のランキングが低いのは、武器輸出三原則等により他国への兵器輸出を行っていないことにより、軍需産業の産業規模が大きくないためである[1]

2008年[2][編集]

順位 企業名 売上高に占める
軍事費(百万米ドル)
売上高に占める
軍事費の割合(%)
国名
1 ロッキード・マーティン 38,513 92% アメリカ
2 ボーイング 32,080 48% アメリカ
3 BAEシステムズ 29,800 95% イギリス
4 ノースロップ・グラマン 24,597 77% アメリカ
5 ジェネラル・ダイナミクス 21,520 79% アメリカ
6 レイセオン 19,800 93% アメリカ
7 EADS 12,239 21% オランダ
8 L-3 コミュニケーションズ 11,239 81% アメリカ
9 フィンメッカニカ 10,601 53% イタリア
10 ユナイテッド・テクノロジーズ 8,761 16% アメリカ
11 タレス・グループ 7,246 40% フランス
12 SAIC (アメリカの企業)ǀSAIC 6,511 72% アメリカ
13 KBR (企業)ǀKBR 5,967 68% アメリカ
14 ハネウェル 5,000 14% アメリカ
15 ゼネラル・エレクトリック 4,500 26% アメリカ
16 ロールス・ロイス 4,392 29% イギリス
17 ITT 4,200 46% アメリカ
18 DCNS 4,154 100% フランス
19 CSC 3,600 24% アメリカ
20 サーブ 3,234 90% スウェーデン
21 DRSテクノロジー 3,229 98% アメリカ
22 サフラングループ 3,156 17% フランス
23 ブーズ・アレン・ハミルトン 2,969 61% アメリカ
24 Almaz-Antei 2,895 89% ロシア
25 三菱重工業 2,777 10% 日本

日本企業のみ抜粋[3][編集]

2015年順位 2014年順位 2008年順位 企業名 2015年売上高(百万米ドル) 2014年売上高(百万米ドル) 2008年売上高(百万米ドル) 2015年売上高に占める
軍事費の割合
2008年売上高に占める
軍事費の割合
36 26 25 三菱重工業 2,626.70 3,354.90 2,777 5.60% 10%
46 66 51 川崎重工業 1,909.2 1,004.9 990 5.4% 6%
77 59 59 三菱電機 860.3 1,102.4 848 2.0% 2.4%
66 75 74 NEC 1,011.0 846.9 608 3.5% 1.6%
85 東芝 - 483 - 0.7%
98 - 87 富士通 525.9 - 445 1.1% 0.9%
96 富士重工業 - 377 - 2.4%
91 98 97 IHI 617.8 512.0 322 4.3% 2.4%
72 - - ANAホールディングス 926.1 - - 5.4% -
100 コマツ 283 0.8%

※ -:100位以下のためデータがない部分

似たようなランキング[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年(平成23年)12月27日に武器輸出三原則は緩和され、日本企業も多国間の国際共同開発・共同生産に参画出来る事になり、人道目的での装備品輸出も可能となった
  2. ^ http://www.defensenews.com/static/features/top100/charts/top100_08.php?c=FEA&s=T1C
  3. ^ http://people.defensenews.com/top-100/ http://www.defensenews.com/static/features/top100/charts/top100_08.php?c=FEA&s=T1C

外部リンク[編集]