世界で最も美しい村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世界で最も美しい村(せかいでもっともうつくしいむら、: Les Plus Beaux Villages de la Terre: The Most Beautiful Villages of the World)は、フランスの最も美しい村協会を中心に、ベルギーワロン地域)・イタリア日本カナダケベック州)における同様の運動が連携し結成された任意団体世界で最も美しい村連合が推進・認定する顕彰事業である。

沿革・展開[編集]

1982年のフランスの最も美しい村協会設立後、1994年ベルギーの最も美しい村フランス語版1998年カナダの最も美しい村フランス語版2001年イタリアの最も美しい村が発足。2003年にフランス・ベルギー・イタリアによる「世界で最も美しい村々連盟」を設立。2005年には日本で最も美しい村連合が設立され、2010年に日本も加盟。2012年にカナダが加盟し、同年に新たな定款を策定し、フランスにおける法人格を収得した[1][2]

連合会長にゴルド村村長でフランスの最も美しい村協会会長でもあるモーリス・シャベール(Maurice Chabert)氏、副会長に美瑛町町長で日本で最も美しい村連合会長の浜田哲が就任しており、2015年には美瑛町で連合の総会を開催予定している[3]

最も美しい村運動は世界的広がりをみせており、ドイツザクセンルーマニアスペイン韓国が連合加盟の準備を進めている[4]。また、オーストリアロシア台湾などでも運動の機運が高まっている[5]

公式本[編集]

  • Selection du Reader's Digest (2012). Guide des plus beaux villages de France. Selection du Reader's Digest. ISBN 10: 2709823578.  …フランスの最も美しい村協会創立30周年記念公式ガイドブック、この1981年度版が最も美しい村運動と協会設立のきっかけとなった
  • 日本で最も美しい村連合 『日本で最も美しい村―公式ガイドブック』 ハースト婦人画報社、2012年、128ページ。ISBN 978-4573022485

関連運動[編集]

郷土の文化環境を守ろうとする活動としては、最も代表的なものとして世界遺産があるが、UNESCOが主導する創造都市ネットワーク、創造都市から発展した日本の創造農村[6][7]FAO(国連食糧農業機関)が推進する世界重要農業遺産システムなどもある。

民間事業では、エコビレッジスローシティ[8]ジオパークなどが注目されている。

国内では、文化財保護法による伝統的建造物群保存地区重要文化的景観農林水産省による日本農業遺産食と農の景勝地美しい日本のむら景観百選がある。

世界で最も美しい○○[編集]

最も美しい村運動は、類似した選定事業を派生させた。フランスの観光情報サイト「Norte Belle France(私たちの美しいフランス)」では独自に「The Most Beautiful Places of the World(世界で最も美しい場所)」として、「世界で最も美しい山脈」・「世界で最も美しい峡谷」・「世界で最も美しい城」・「世界で最も美しい洞窟」・「世界で最も美しい都市」・「世界で最も美しい砂漠」・「世界で最も美しい島々」・「世界で最も美しい湖」・「世界で最も美しい村」・「世界で最も美しい滝」を選定している[9]

雑誌の『Forbes』も「The Most Beautiful Places In The World(世界の最も美しい場所)」を特集し[10]、メディアが流用したことから様々な「Most Beautiful ○○ World」企画が作られている。

より公共性が強いものとしては世界で最も美しい湾クラブなどがある。

価値観の相違[編集]

上記の雑誌企画における最も美しい村選定に関しては、途上国インターネット上で「先進国のエゴである」との批判が多数ある。実際に美しい村連合に加盟するのは先進国のみで、どれだけ辺鄙なところへ行こうとも最低限のインフラが整備されており、旅行者は田舎暮らしの疑似体験を望むだけで、利便性や快適さを求めずにはいられないという揶揄である。また、「美しい」の基準もあくまで西洋基準主体であり、サービス衛生状態なども評価対象としており、こうした制度は観光地としても格差社会を助長すると主張する。先進国側の視点では、無機質都市化近代化が進む中で、失われゆく牧歌的な空間を保護し、精神衛生向上に役立てたい目的もあるが、公的文化施策ではなく利害関係が生じる観光業では理解が進みにくいことは事実である。

これらは農村観光分野においても共通することとして認識されている。(アグリツーリズム#定着に当たっての課題を参照)

一方、国内でもこれまでは取り残された片田舎であった地域が、地域おこしまちづくりといった活動を通し、「地方の負は文化になりえる」という逆転の発想も生まれ[11]、その延長線上に美しい村運動も位置づけられる。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 30周年を迎えた「フランスの最も美しい村々」 - フランス観光開発機構
  2. ^ 祝30周年!フランスの最も美しい村々 - フランス観光開発機構
  3. ^ びえい新聞2013-09-21
  4. ^ Les Plus Beaux Villages de la Terre - Pinterest
  5. ^ 『月刊地域づくり』274号 「愛郷心」で村と都市を結ぶ - 佐藤誠(北海道大学観光学高等研究センター特任教授 日本で最も美しい村連合資格審査委員)
  6. ^ 佐々木雅幸,川井田祥子,萩原雅也 『創造農村: 過疎をクリエイティブに生きる戦略』 学芸出版社、2014年、272ページ。ISBN 978-4761532093
  7. ^ 創造農村 - 創造都市ネットワーク日本
  8. ^ 島村菜津 『スローシティ 世界の均質化と闘うイタリアの小さな町』 光文社、2013年、285ページ。ISBN 978-4334037369
  9. ^ Beautiful World - Norte Bell France
  10. ^ The Most Beautiful Places In The World - Forbes
  11. ^ 三宅理一 『負の資産で街がよみがえる―縮小都市のクリエーティブ戦略』 学芸出版社、2009年、207ページ。ISBN 978-4761524661

関連項目[編集]

関連リンク[編集]

外部リンク[編集]