世田谷代官屋敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世田谷代官屋敷
世田谷代官屋敷の表門.jpg
世田谷代官屋敷の表門
情報
所在地 154-0017
東京都世田谷区世田谷1-29-18
座標 北緯35度38分29.0秒 東経139度38分51.6秒 / 北緯35.641389度 東経139.647667度 / 35.641389; 139.647667
文化財指定 重要文化財
指定日 1978年1月21日
テンプレートを表示

世田谷代官屋敷(せたがやだいかんやしき)は、彦根藩世田谷領の代官を世襲した大場家の私邸かつ役宅で、大場代官屋敷とも呼ばれる。現在の東京都世田谷区世田谷1丁目に置かれた。1952年昭和27年)に東京都指定史跡に、1978年昭和53年)に大場家住宅主屋及び表門の二棟が重要文化財に指定された。

概要[編集]

大場家の屋敷は、はじめ元宿(世田谷区役所のあたり)にあったが、天正の初め(1575年)ごろに現在の場所に移された。現在の建物はその後、7代の盛政が1737年元文2年)に立て直したものである。1739年元文4年)に盛政が代官になった際にその私邸が代官屋敷となったため、世田谷代官屋敷は公の陣屋ではない[1]

現在の敷地内には、後述する表門と主屋のほかに、お白洲の玉砂利が白洲跡として残され[2]、世田谷区名木百選に選定された樹高19メートル、幹周り2.85メートルのタブノキも立つ[3]

建物[編集]

主屋

表門はボロ市の開かれる通称ボロ市通りに面して建つ。 主屋は約70坪で茅葺、寄棟造りである。1952年(昭和27年)11月3日、屋敷が東京都旧跡に指定される。1959年(昭和34年)2月21日、東京都史跡に指定替される。1967年(昭和42年)2月に解体復元工事に着手し、同年5月20日に竣工した。1978年(昭和53年)1月21日、主屋と表門が重要文化財に指定される。

主屋(寄棟造・茅葺・北面玄関)

  • 桁行 17.33メートル(57.2尺)
  • 梁間 11.03メートル(36.4尺)
  • 面積 191.15平方メートル(57.84坪)

表門(長屋門・寄棟造・茅葺)

  • 桁行 7.0メートル(23.1尺)
  • 梁間 3.7メートル(12.2尺)
  • 面積 25.9平方メートル(7.83坪)

屋敷の歴史[編集]

大場家の屋敷は元宿(元町:現在の世田谷4丁目、世田谷区役所のあたり)にあったが、大場信久とその嫡男房勝の時代、天正年間初頭に現在地に転居した[2]

大場家邸宅の普請記録の初見は、信久から数えて7代目の大場六兵衛盛政が建て替えた際の1737年(元文2年)である。盛政は彦根藩から米105俵を借用して邸宅の改築を行った[2]。盛政が代官に登用されると、宝暦3年(1753年)には書院座敷を増築し、居住部分を改修した[2]1804年文化元年)には10代当主大場弥十郎景運が書院座敷を建て替えており、景運は1815年(文化12年)に内蔵を建てている[2]嘉永年間(1848年-1854年)には11代当主大場準之助景長が2階座敷を増築し、その際には名主詰所が設けられた[2]

1923年(大正12年)には内蔵が建て替えられた[2]。近代には主屋内部の姿が次第に変化したが、1957年(昭和42年)には解体修理によって往時の姿に復元された[2]。書院座敷は敷地内の別の場所に移築されていたが、同1957年には埼玉県入間郡毛呂山町の「新しき村」に移築されている[2]

書院座敷[編集]

書院座敷は、大場弥十郎景運の建て替え(1804年)以前から、問屋屋敷の公用座敷として高役人の接待や宿泊上に必須だった。代官職となってからは奉公や法要などの公用が増加したため、いっそう重要となった。盛政が宝暦3年の再改築を企図した重要な要因のひとつとされている。元文2年には「座敷」と称されていたのが、宝暦3年には「書院座敷」と称しているあたりにも、その事情が推察される[4]

大場家[編集]

世田谷大場家は桓武平氏大庭景観の子孫と伝えられる。鎌倉時代、大場弥次郎房久が吉良家の家臣となり、武蔵国世田谷に移り住んだ[5]

大場家(本稿では「宗家」と呼称する)の初代大場越後守信久は、吉良四天王のひとりとして武名を上げたが、吉良家の没落(宗主である後北条家が豊臣秀吉により滅亡させられたことに起因)を契機に土着、帰農することとなる[6]。1578年ころに当時の世田谷新宿に居を移した。当初は元宿(現在の世田谷4丁目)に居を構えていたが、楽市が認許されて以降、嫡男外記房勝と共に上宿(現在の上町)に移り、定住することとなった[7][8]

1633年(寛永10年)、井伊家が世田谷領15ヶ村を領有することとなった際、信久の嫡孫盛長が15歳にして世田谷代官(初代)に任ぜられた[9]。盛長は20歳にて没し、代官職は同族の大場市之丞の家系(本稿では「傍家」と呼称する。)が継承する[10]。その後「宗家」大場家は、世田谷村名主や世田谷宿の問屋役を代々継ぎ、7代盛政が大破した住居・座敷を1737年と1751年の二度にわたり再建ないしは補修、現在に残る世田谷代官屋敷が完成した[11][12]

1739年(元文4年)、「傍家」4人目の大場市之丞が年貢未納(使い込みという説もある[13])の罪で罰せられ、田畑・家財没収、追放等の処分を受け[13]、「宗家」大場家の盛政が用賀村名主飯田兵兵衛とともに代官に登用された[14]。爾後1830年までの約90年間、「宗家」大場家が代官役を務めることとなった[15]

大場家10代目の当主大場弥十郎は1794年(寛政6年)以降40年にわたり代官職を勤めたがその功績により、1830年(文政13年)、一代限りとして士分に取り立てられ、彦根藩士となった。その義理の息子で11代目当主隼之助の代になると世襲が認められることとなった[6]

参考画像[編集]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ 世田谷区立郷土資料館「ー大場家と代官屋敷ー」世田谷区立郷土資料館,1994年
  2. ^ a b c d e f g h i 「重要文化財 都史跡 世田谷代官屋敷」世田谷区立郷土資料館・大場代官屋敷保存会パンフレット, 2014年
  3. ^ 『世田谷区名木百選』 世田谷区生活環境部みどりの課、1988年、39頁。
  4. ^ 長田美雄「大場代官屋敷の歴史 昭和53・1・21国指定 重要文化財」(『都指定有形文化財 世田谷代官大場家文書目録』東京都世田谷区教育委員会/編集, 東京都教育委員会, 財団法人大場代官屋敷保存会, 1978年)
  5. ^ 東京都世田谷区 1976, p. 116.
  6. ^ a b 安藤優一郎 2013年5月25日 「世田谷代官が見た幕の江戸」 p.34  角川新書 ISBN978-4-04-731607-2  
  7. ^ 世田谷区教育委員会 1978, p. 172.
  8. ^ 大場家歴代史編纂委員会 1983, pp. 41-42,47.
  9. ^ 東京都世田谷区 1976, pp. 116-117.
  10. ^ 東京都世田谷区 1976, pp. 120-121.
  11. ^ 大場家歴代史編纂委員会 1983, pp. 82-84.
  12. ^ 東京都世田谷区 1976, pp. 173-175.
  13. ^ a b 高橋 敏 江戸村方騒動顛末記 p.107 ちくま新書 ISBN4-480-05913-X
  14. ^ 東京都世田谷区 1976, pp. 124-126.
  15. ^ 大場家歴代史編纂委員会 1983, p. 83.

参考文献[編集]

  • 世田谷区教育委員会 『世田谷代官大場家文書目録 : 都指定有形文化財』 世田谷区教育委員会、1978年5月31日NCID BN01434974 
  • 大場家歴代史編纂委員会 『大場家歴代史』 財団法人大場代官屋敷保存会、1983年10月7日NCID BA68523412 
  • 東京都世田谷区 『せたがやの歴史』 東京都世田谷区、1976年9月25日NCID BN01627399 

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分29秒 東経139度38分52秒 / 北緯35.641394度 東経139.647646度 / 35.641394; 139.647646