丑尾健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丑尾 健太郎
プロフィール
誕生日 1976年5月28日
出身地 愛媛県大洲市
主な作品
テレビドラマTAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜
小さな巨人
ブラックペアン
下町ロケット
ノーサイド・ゲーム
半沢直樹
映画七つの会議
舞台TAKE FIVE
テンプレートを表示

丑尾 健太郎(うしお けんたろう、1976年5月28日 - )は、日本脚本家である。愛媛県大洲市出身で、所属事務所はsacca株式会社に所属している。

来歴・人物[編集]

愛媛県大洲市立大洲南中学校愛媛県立大洲高等学校神戸大学経済学部を卒業した。大学卒業後、映画やTVドラマ、舞台等の台本を手がける印刷会社に入社し、あらゆる種類の脚本を校正していく中で創作・執筆技術を身につける。

福澤克雄演出の脚本を担当することが多い。

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「半沢直樹」7年ぶり復活! 堺雅人が続投”. シネマトゥデイ. シネマトゥデイ (2019年5月23日). 2019年9月8日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha (2020年12月10日). “岡村隆史、豆原一成ら出演のオムニバス映画「半径1メートルの君」2月に公開(動画あり)” (日本語). 映画ナタリー. 2021年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]